山崎蒸溜所 part 1

 20, 2017 22:00
花粉で走れない日々が続いており、
もはや、酒ブログとしての体しか成していないとのご意見も 汗

まあ、そんな状況ではありますが、開き直って・・・(爆)

DSCN5263.jpg

JR山崎駅の階段のところにこんな看板があります。
私とカミサンの姿が写り込んでいるのはご愛敬(笑)


DSCN5264.jpg

本当に田舎の駅ですなぁ~
大阪と京都の府境にあります。

ちなみに、この蒸溜所の見学ツアーは2回目であります。
前回は、もう15年ほど前だったと思います。
昨年に閉館している時期がありまして、
どうやらリニューアル中だったようですね。



DSCN5270.jpg


DSCN5272.jpg

蒸溜所玄関前には、このポットスチルがありまして、
このようにJR線の真横ですな。
サンダーバードが綺麗に撮れました(笑)

ちなみに、阪急からも見れますが、
遠く離れた京阪からも、
サイクリング中の淀川河川敷からも建物は見えます。
但し、このポットスチルを認識できるかどうかまでは確認したことはないです。



DSCN5274.jpg

そう、ここの見学ツアーは事前予約が必要であります。
3つのコースがありますけど、私たちは無料のコースにて。
目的は、試飲とお買い物でありますから、これで十分。


とは言え、1時間も早く到着してしまいました。
この近くの喫茶店にでも入ろうかと思っていたのですが、
何もなくて・・・汗

JRじゃなくて阪急の方には何かあるようですけれど。


で、本日は、定員の余裕があったのでしょうか?
1時間前にも関わらず、入れてもらえました。
ありがとうございますm(__)m


DSCN5278.jpg

見学コースの入り口。




DSCN5284.jpg

鳥井信治郎さんですな。




DSCN5285.jpg

マッサンで紹介されてたポスターの原板ですね。




DSCN5288.jpg

前から3列目の真ん中は、竹鶴政孝さんであります。

結構、館内の隅から隅まで読みましたが、
竹鶴政孝という名前はついぞ見ることができませんでした。
やはり、ドラマとは違って、現実には裏切り者ということが強く表れてるのでしょうか?

ドラマでは、独立するというマッサンに
社長がお金を貸してくれるというシーンがありましたが、
本当のところはどうだったんでしょうね。

確かに、他の出資者だけじゃなくて、
この社長にも借りないと足りなかったようにも思いますしね。





DSCN5291.jpg

菊の御紋の入ったエリザベス女王に送ったという・・・
飲んでみたい・・・



このおかげで、ロイヤルハウスホールド(英国王室という名のついたウイスキー)が
バッキンガム宮殿とローデルホテルのバーでしか飲めなかったのに、
日本でも飲めるようになったんでしょうかね?
なんという幸せ。

この3か所以外では飲めないウイスキーが日本では、
それなりのホテルのバーならほぼ飲めるらしいのであります。

って、高すぎて私は飲めないですけどね(自爆)



DSCN5297.jpg


DSCN5301.jpg

響の21年と30年だ・・・
持ち帰りたくなったのは、ここだけのハナシです(^^;
って、そんなことしたら、ドロボーですからね。




DSCN5303.jpg

28年モノですな。
買ったらいくらするんだろ?

あまりに色が濃すぎて、最初、1889年って読み間違えてました。
まだ、サントリーの前身の前身の鳥井商店でさえ創業してなかったのに(笑)



DSCN5305.jpg




DSCN5308.jpg

こちらは、サントリーが輸入しているウイスキーの展示です。
ボウモア、ザ・マッカラン、グレンフィディック、ティーチャーズ、バランタインその他。
それぞれそれなりに、またそれなり以上に美味いですよね。





DSCN5317.jpg


DSCN5324.jpg


DSCN5333.jpg


DSCN5334.jpg

お土産コーナー。
結構買い込みました。
その紹介はpart 2にて。




DSCN5339.jpg

上段真ん中のグラスなんて、
バカラの物真似じゃーん・・・
なんて言ってたら、その横に赤いバカラの箱が・・・
バカラグラスそのものでした(笑)



その横の切子ガラスのやつなんか28000円ほどもしてましたけど(^▽^;)




DSCN5315.jpg

で、まだまだ朝でしたけど、やってまいりました試飲コーナー(^_-)-☆



DSCN5341.jpg

先ずは、山崎18年(600円)と、ボウモア18年(3or400円)をば。
試飲は全て15ccのみです。

とは言え、実売価格からすると、
15ccで600円という山崎18年は、結構割安。
ボトルを買うよりも、ここでたくさん試飲する方が安いという(笑)

だって、実売45000~50000円ほどもしてますからね。


んで、その味わいは・・・・思わず笑顔になるというか、
思わず声だして笑ってしまうほど美味であります(^^♪

そして、薫りが想像を絶するくらいに豊潤。

竹鶴21年とええ勝負するんじゃないでしょうかね?
薫りだけだったら、竹鶴21年よりも上だと感じました。
そのくらい感動させて頂きました。


で、左のボウモア18年ですが、
やはり、このくらい熟成していると、
薫りはアイラ特有の薬臭さが当然のように感じられますが、
味わいは格別♪

こちらなら、奮発すれば買えそうな金額ではあります。
8000円程度。
買わないですけど(笑)

それにしても、アイラも熟成が進むと、
あの独特の薫りがヤな薫りじゃなくなるし、
味わいも格別になるんですな。

何かがあった時に記念に買うことにします。
普段飲みにするには、贅沢すぎます(;^_^A



DSCN5342.jpg

で、次に、響21年(600円)であります。
う~ん・・・
物凄く美味いんだけれど・・・


山崎18年の方がはるかに美味いです。
というか好きです。

ノンエイジ同士でも、響よりも山崎の方が私は美味いと思いますし、好きであります。

この山崎の重さというか、コク深さというかがたまらないんですな。
響の方が好きという方は、軽い飲み口が好きなんでしょね。




その後、阪急電車の駅に移動。
地下鉄、JR、阪急と乗り継ぐのは生まれて初めてかも?


DSCN5346.jpg


この駅の向こう側は、新幹線が平行して走ってます。
なかなかに迫力ある景色が見れて楽しいですね。

大阪人って意外と、
新幹線が猛スピードで目の前を通り過ぎるってのを見ていないのであります。
新大阪駅は必ず止まりますから。



そして、四条河原町まで行って、京都の街を楽しみました。

欲しいものがありまして、
大阪では気に入ったものがなかったからなんですがね。
こちらの百貨店巡りをしたりした後は、
定番の錦市場ですな。

DSCN5347.jpg

但し、こちらも先ほどの蒸溜所と同様に外国人でごった返してます。
特に中国の方が多かったかな?

でも、昔のように騒ぎっ放しということがなくなってきましたね。
騒いでも、誰かが静かにしようね・・・って声かけてるみたいで、
いつまでも騒がしいということがなくなりました。
良いことだと思います。

中国の方は、キチンと学習されてますし、
マナーも向上していると大阪でも最近感じますね。


但し、この錦市場も、大阪の黒門市場も、
高すぎて我々の買い物する場所ではなくなったような気がします。
まあ、黒門市場なんかは元々が高かったですけど、
錦市場は安かったのにね。

本当にボッタクリ価格なのをよく目にします。
旅行者を裏切ったらいつかしっぺ返しを食らいますよ~。
やはり、商売は誠実にしなくちゃね。





DSCN5349.jpg

居酒屋天狗でランチ。
さすがにここでは飲みませんでしたよ。
だって、まだ試飲に行く予定ですから(爆)




てなわけで、
京阪乗って丹波橋まで。

DSCN5351.jpg

これで3回目の訪問であります。
藤岡酒造であります。


DSCN5353.jpg

ここの試飲コーナーが素敵だし、
ここで出るおつまみも絶品。
今回は、レーズンバターを頼みましたけど、
こちらも美味かった~っ♪




DSCN5355.jpg

まあ、ここでの一番の目的は、
ここでお酒をプレゼント用に2本買って帰ることなんです。

というのも、
無茶苦茶お世話になったとある会社の相談役がこの度引退されることになりましてね。
以前、ここのお酒を一度飲んでみて欲しいと言って話したことがあって、
用意もしていたのですが、
その時の来阪予定がなくなってしまって、
生酒なものですから、
私が飲んでしまった(笑) という経緯がありましてね。

それで、最近はお酒も控えてまして・・・
という言葉を聞いてからは、こちらも控えざるを得なくなってしまって。

まあ、もうお会いすることは完全になくなるでしょうから、
最後のお礼にと、それなりに奮発したわけで、
ここの酒蔵のフラッグシップ(笑)2本にしました。



DSCN5357.jpg

その後、探し物をしたりしながら散策しただけで、
他の酒蔵には立ち寄らず帰ることにしました。


DSCN5359.jpg

京阪特急には、お酒はついてこなかったなぁ~
JRの特急なら必ずついてくるのに・・・

てか、飲めるような状況じゃなかっただけなんですけどね(笑)


まあ、山崎蒸溜所のツアーとしてはこのpart 1で終了であります。


それなのに、part 3まで予定をしております。
あしからず(笑)



但し、part 2 , part 3は今回のような長編ではありませんですから、
ご安心を(^^;


スポンサーサイト

COMMENT 2

Tue
2017.03.21
20:28

Dr.かずちゃん #-

URL

サントリー山崎蒸留所の前を通ったことは何度もありますけど、
見学したことないので一度行ってみたいです。

いろいろ試飲できるのは良いですよね♪
でもサントリーの試飲の価格設定は非常に良心的ですね。

私が2年前に行ったニッカの余市蒸留所ではもっと高かったです。
http://blog.livedoor.jp/dr_kazuchan/archives/5097782.html
って、余市1980's(30年前後熟成)が15ccで1,500円でしたから
そんなもんですかね。

私的にはボウモア18年が気になりますね。(笑)

Edit | Reply | 
Tue
2017.03.21
21:14

yusuke #-

URL

 Dr.かずちゃん

いやあ~酒蔵巡りってホント楽しいですなぁ~(^_-)-☆
この山崎蒸溜所も物凄く楽しいところであります。
是非、奥様と行かれて下さい。

ちなみに、30年モノとかだったなら、
ここでは2800円とかしてましたよ( ;∀;)

ボウモア18年・・・
アードベッグ・コリーブレッカンと甲乙つけ難いかも!?
値段も甲乙つけ難いですけどね(苦笑)

あと、ザ・マッカラン・ダブルカスクという発売されたばかりのも
試飲してみたくなりましたけど、やめました。
この前に、予約販売をAmazonで頼んだけれど、
やはり、高いのでキャンセルしたんです。
万が一、美味かったら後悔しますからね(笑)

けど、まあ、12年モノで7000円もしたらアカンですよね。
ダブルカスクだから、当たり外れの度合いも大きいでしょうし。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?