FC2ブログ

Photo Gallery

DSC03336.jpg

最近は。右端にあるデュワーズ・ホワイトラベル(1.75Lボトル)をハイボールで飲む
というのが通常パターンになっておりまして、
前回届いた森伊蔵もまだ半分近く残っております。

好きな人だったら、たまらん写真でしょうな(笑)
森伊蔵が2本並ぶ幸せ(^_-)-☆


でも、普段は先ほどのハイボールばかり飲んでます。
明日にもまたこのデカボトルが3本も届くハズであります(^^;

ま、安くて飲みやすくて美味いのですから、ついまとめ買いしてしまいます。
寝酒には、高級(当家比 w)ウイスキーを少々飲んだりしてますが、
食事時なんかは、こちらですね。

最近は、居酒屋でもデュワーズを置く店が増えてきましたね。
良いことです。
と言いつつ、お店では頼まないですけどね。
家に帰ったらある酒は極力飲まないようにしないと楽しみが・・・ね(笑)
スポンサーサイト



「ただ今、6月お買い上げ分の抽選結果のご案内を致しております。
お客様ご利用のお電話番号は、
ゼロ ロク・・・・・・・です。」



次に、「まことに申し訳ございませんが」・・・という言葉で始まるのが常ではありますが・・・
今回は、




お買い上げありがとうございます♪





というアナウンスとなりました。


おぉ~っ!!
今度は自宅電話での当選です。
3度目の当選です、
私の携帯、カミサンの携帯、自宅電話番号とそれぞれ1回ずつ。


てか、まだ前回当選して届いたばかりの森伊蔵がまだ残ってますよ。
まだ残っている状態での当選てのは、非常に有難いですね。

これで心置きなく、ちびちび飲んでいた森伊蔵を気軽に飲めます(^^♪


DSCN4920.jpg
今、飲んでるのを撮るのが面倒だったので、初めて当選した時の写真です(笑)
またまた酒飲みブログと化すのか?(自爆)

DSC02860.jpg

当初、普通のボウモア18年を買うつもりでしたが、
間違って、こちらを買ってしまいました(^^;
まあ、ポイントがたまってて3千円程度で買えたので、
まあ、ヨシとしますか・・・

以前、サントリー山崎蒸溜所で試飲したボウモア18年と比較して、
よりマイルドさが際立っているように思います。
なにせエイジがたっているので、
アイラと思えぬ飲みやすさ(^^♪

アイラの超苦手なカミサンも満面の笑顔で飲んでますからね(笑)

で、ジョニーウォーカー18年(プラチナムラベル)よりも
コク深くて飲みやすくて美味いですね。
価格も少し高いのでありますが。

けれども、何千ポイントも貰わなかったら買えなかったですけどねん。。。



で、
DSC02556.jpg

写真は以前の使いまわしですが(笑)


あれ(開栓して)から3か月余り。

開栓当初のアルコール臭さが和らいで、
ひときわコクを感じられるようになってきました。
竹鶴に14年モノなんかがあると、
こんな感じなのかも?
という、良い感じの味わいであります。

開栓してからしばらくは飲まずに我慢していれば、
この美味さをもっともっと味わえたのにな・・・という残念感が(^^;

普段は、デュワーズかジョニ黒ばかり飲んでるここ最近ですが、
それでも、これが半分も残っていないのでありました。
高いから、おいそれとは買えないのですよね(^▽^;)



てぇか・・・
土曜日は雨予報だぁ~(泣)
DSC02556.jpg

なかなかに評判が良いんだけれども、
なかなかに高価なんですよねぇ~

で、ウチの近所にスーパーが引っ越して来る前、
引っ越し前の店舗では割引セールやってました。
このカフェモルトが3割引きでした。
6000円もの高いお金払ってウィスキーを買うなら、
もっともっとエイジの入ったのを買いたいところであります。
もちろん、エイジが入ってなくても美味いウイスキーは数々ありますがね。

で、飲んでみました。
う~ん・・・評判ほどのことはないかも? 汗

グレーン・ウィスキーを作るのが一般的な連続式蒸溜機「カフェスチル」で
作ったモルト(大麦)ウイスキー。
その説明だけでも美味そうなのですが、
なんだかアルコール臭が際立ち過ぎて好きになれないです。
半額以下のブラックニッカ・アロマティックの方がまろやかで美味いです(^^;

ひょっとしたら、数日置いてみてから飲むと味わいが変わるのかも?
と思って、開栓後3日目でもたいして変わらず。
もう少し口当たりがマイルドでも良いのになぁ~と思います。
1/3の価格のブラックニッカ・アロマティックの方が美味いですね。
Amazonでのレビューがあまり高くないし、
期待してなかったのです。


DSC02557.jpg

ストレートがなかなかに美味いです(^^♪
マイルドだし、フルーティーだし、まことに薫り高くて飲みやすい。
私はなかなかに好きですね。

但し、ハイボールでも飲んでみましたが、
これはハイボールで飲むウィスキーじゃないと感じました。
何せ、最近は、デュワーズ・ホワイトラベルのハイポールが
安価なのに美味過ぎて、
これよりも美味くないとハイボールで評価できなくなってるんです(笑)

まあ、このブラックニッカ ・アロマティック・・・
その名の通り、香り高くて、
2千円弱のウイスキーとしては上出来じゃないですかね。
寝酒に少しだけストレートで飲むのに最適のように思います。
壺入りのむぎ焼酎です。
「にかいどう きっちょむ」と読みます。

会社の同僚が、この壺入りが無茶苦茶美味い。
また、普通の瓶入り二階堂を飲んだ後のこの壺に入れて
2~3日置いておくと、壺入りと同じ味になる。
是非、お試しを!!

というまことに眉唾ものの推薦を頂きました。


DSC02504.jpg

てえか・・・
もう置く場所すらなくなってきたわ(;^_^A
先程、ジョニーウォーカー・ワインカスクブレンドの更新をして、
その後、風呂を出てから、これを飲みました。

DSC02469.jpg

今朝、出かけたイオンモールで700円弱+税で売られてた格安ウィスキー。
こちらもまた、先ほどのワインカスクブレンドと同様に、
ストレートとこれのハイボールをチェイサーにして。

う~ん・・・
味が濃ゆいというか、なんだか混ぜ物してるかのような味わい。
バーボンっぽいのかな?

裏側のラベルを見ると、
モルト、グレーンのブレンディドにスピリッツを更にブレンドしているらしいのです。
スピリッツまでブレンドしているのに、スッキリ感が全くないのであります。
なんだか、粘っこい味わい 汗
こちらもどうやって飲み干すか・・・悩みます(泣)

仕方ないので、
先程更新した、ジョニーウォーカー・ワインカスクブレンドで口直し(爆)
てか、南アルプスW&Bの後だと、
ワインカスクブレンドがそこそこ美味く感じたから不思議ではあります(笑)


そうだ!!!

このウイスキーを飲めば、
ワインカスクブレンドを飲み干せるし、
同時に、この南アルプスW&Bも減るやんか!!
一石二鳥だ!!

って、拷問やんか・・・大汗
ここまで降らなくてもいいやんか!!

と叫びたくなるような豪雨にかなりな被害が出ていて、
たぶん、全国の人々が何かと自粛されてるような気がします。

被害を受けていない人は、
できるだけ日常生活を普通に続けることが
その後の復興に繋がるんだ!!
ということを阪神の震災以来痛感している私ではありますが、
この後、まだまだ被害が広がる様相にさすがの私も今はそうは思えませんです。

DSC02466.jpg
今、タリスカー・スパイシーハイボール・キャンペーンの最中で、
タリスカーを買えば、先ずは、もれなく黒コショウの燻製がついてます。

DSC01839.jpg


以前、
アイラじゃないらしいのだが、まことにアイラっぽいウイスキー。

DSC01647.jpg

もう既に、半分以下になってしまってますが(笑)

タリスカーのストレートをタリスカーのハイボールをチェイサーにして(爆)


アイラほど正露丸臭はないですけれど、それなり以上にスモーキーです。
その上、今まで飲んだことないほどのスパイシーさ。
けれども、なんだか甘くて飲みやすい。
とりあえず、病みつきになる味わいであることは確か。
やはり、私はウイスキーを上手く説明できないですけどね(自爆)


アイラの苦手なカミサンも、このタリスカーのハイボールを飲んで、
思わず笑顔になったくらい美味いです。
私は、やはり、ハイボールよりもストレートで飲みたいと思いますがね。

私、アイラモルトだったら、ハイボールでは飲めないんです。
けれども、これだとかなり美味く飲めます。
これで、3500円程度なら、かなりコスパ高いかと。
てか、もう一本既に注文してしまいましたけどね(笑)
DSC01574-2.jpg

こんな綺麗なラッピングで頂きました(^^♪
ありがとうございますm(__)m

売り出されるとすぐに売り切れるとのことで、銘柄は不明とさせて頂きます。
俺はこの酒が一番美味いと思う!!
と、言われる酒がいくつもある某県産のお酒であります
DSC01582.jpg

ベルヴェデールという名のポーランドのウォッカのミニボトルです。
ウォッカなのに40%の度数なので、
面白くないなぁ~と思っていたのですが、
飲み心地というか、飲みごたえはロシアのウォッカそのもの(^^;

ジェームス・ボンドが飲むウォッカだけのことはありますね。
いや、その、まんまアルコールを飲んでる味わいであります(笑)

ボトルが綺麗だったので買いましたけど、
2度と買わないだろうし、通常ボトルなんて絶対に一生買わないよ(笑)
これだったら、50%オーバーのスコッチの方が甘くて美味いです(^^;

でも、ボトルはかなり綺麗ですね。
裏側に印刷されてる建物がボトル内部で反射して誠に綺麗であります。

DSC01581.jpg

写真で上手く表現できない自分自身が歯がゆいですね(;^_^A
DSC01262.jpg

前回のデュワーズのノンエイジ。
ストレートではまだ飲んでいないので何とも言えない部分がありますが、
ハイボールでかなり美味しいです。

日常に飲むには廉価でありがたい価格ですね。
1本1300円程度。
最近の角瓶よりも少し安いです。


ちなみに、デュワーズとハイボールの関係は、
ハイボールの起源まで遡るようであります。


ハイボールの起源、デュワーズ

時は1905年のアメリカ。デュワーズの2代目トミー・デュワーが友人と、
スコッチを楽しもう(楽しむ=have a ball)とサロンへ出かけました。

そこで出されたグラスが小さかったので、
もう少し背の高いグラスで出してくれれば、
もっと楽しめる(high ball)と、ウェイターに伝えました。

この瞬間、スコッチハイボールウィスキーが誕生した、
とこれがハイボールの誕生した瞬間であると当時の新聞に記されています。


ということらしいです。
この文章はAmazonからもってきましたが、
実は、このホワイトラベルのグラスセットが入ってた箱にも書かれていました。

そのグラスは写真に写ってるグラスでありますが、
ウチにあるハイボール用グラスよりも1cm程度は高いですかね。

なぜだか、知らず知らずに、
ハイボールって背の高いグラスで作って飲んでましたですね。
ロックグラスでロックを飲んでて、
グラスを替えるのが面倒な時以外ですけど(笑)

とにかく、このホワイトラベルなかなかいけますよ。
日本のバーテンダーのハイボール人気No.1だとも箱に書いてました。
さすがに言い過ぎだとは思いますが、
コスパを考えたら、納得できそうであります(^^♪


PS
たった今、ストレートでも飲んでみました。
ノンエイジなのに、甘くてマイルドで旧のニッカ余市を彷彿させる出来栄えです。
しかも、この値段なら、常飲の1本としてみても良さそうであります♪
DSC01259.jpg

デュワーズです。
写真ではわからないですけど、もう既に、
残り3cmほどになってます(^^;

気づけば飲み干してしまってそうなくらいに
甘くて、飲みやすくて、おいしいウイスキーですね。

定番スコッチの一つなんですが、
その中でも際立って飲みやすいと思います。
そこに関しては、ジョニ黒以上だと思いますね。

だからなのか?
ストレートでも、ハイボールでも、このようにロックにしても
ほとんど味わいが変わらないと感じます。
普通は、それぞれの香り立ちだとか色々と味わいが変わるものなのですがね。
そこに関してもやはり、ジョニ黒以上に変わらないです。

価格もジョニ黒程度なので、自宅には、定番の一つとして、
ジョニ黒かデュワーズかどちらか安く手に入る方をキープ・・・
という感じの買い方でも良いかも? ですね(笑)


そうそう、写真のダヴィンチ・グラスも、
前回の日記に書いた映画マンハントの中でも、
このデザインのダヴィンチ・グラスが使われてました。
安く上げたな・・・・って。

この手の映画なら、せめてバカラ・グラスを使って欲しかったです(笑)


てえか・・・
次の日曜日には、私の見た映画館に福山君が舞台あいさつに来るようですね。
阿倍野周辺がパニックになりそう。。。
DSC01243.jpg

高級アイラ・シングルモルトのカリラ。
評判通り、物凄くマイルドなアイラモルトであります。
開栓した瞬間に正露丸臭(笑)が漂うのは確かなのでありますが、
あまり煙り臭くなく、アイラではないバランタインのハードファイヤードの方が
はるかに煙臭いし、ハードであります。

アイラの苦手なカミサンでも美味い美味いと飲んでましたから、
それほどマイルドなアイラということなのでありましょう。
逆に言えば、アイラ好きには、物足りなさはあると思います。
DSC01235.jpg

4500~5000円あたりのスコッチです。
なんでも、標高の高いところにある蒸溜所で作られていて、
尚且つ、ブレンディド用に廻されることが多いらしく、
シングルモルトのまんま出回る数量は少なめらしいです。

その割には、低価格なんでしょうかね?
絶対値としては高いですけどね(^^;

ザ・マッカラン12年よりも安いと思えば高コスパであります。
なにせ、美味いです(^_-)-☆
このモルトをあと2年熟成したら、
竹鶴17年に限りなく近づくのじゃなかろうか・・・ってくらい。



DSC01165-2.jpg

左が12年、右がハードファイヤードです。


バランタイン12年とほぼ同等の価格でノンエイジであります。

何でも、アルコール成分の乾いていない樽の内側を激しく焼き上げる・・・
というのがハードファイヤー製法というらしいです。
こんなの初めて知りました。

そのセイで、ノンエイジにも関わらず、色が濃く、
なかなかにスモーキーでスパイシー。
それでいて、薫りは甘くて、意外とノンエイジにありがちなほどには、
とんがってもいない口当たり。

また、バランタインのメイン原酒はアイラではありますが、
それが確かにわかる味わいとなっております。
とは言え、アイラのような正露丸臭はありませんけどね(笑)



オバンでも、オバハンでもなく、
オーバンと読むらしいのであります。

DSC01154.jpg

目隠しして飲んだら、
なかなかに甘くて美味く、
「この12年モノ・・・かなり味わい深く、熟成が進んでるね!!」
てな印象になると思いますが、
残念ながら14年モノなのであります(^^;

12年モノよりは、味わい深いけれど、
かといって14年モノほどではないよねぇ~?
値段もそこそこ高いよねぇ~って感じ。

口当たりは甘く、グレンモーレンジに似た感じ。
けれど、
もっと安いジョニーウォーカー・グリーンラベル(15年モノ)の方が明らかに美味いです(^^♪

個人的には、ジョニ黒(12年モノ)の方が好きかな(笑)
だって、オバハン1本でジョニ黒2.5本ほど買えますもん(;^_^A

とは言え、甘いウイスキーがお好きな方には、ピッタリかも?


そうそう・・・


やはり、ジテツウは気持ち良かですなぁ~(^^♪



昨日、噂の箕面ビールをいくつか買ってきました。


DSC01041.jpg

王冠が可愛いですよね(笑)

WHAT'S NEW?