FC2ブログ

Photo Gallery

DSC02828.jpg

先週、前回のブログを更新後にホイールとサドルを取り付けて一旦作業終了しました。

というのも、ペダルが届いてなくて。
ペダルを取り付けてから作業をする方が楽な工程が少なからずありますから。


スポンサーサイト



DSC02779.jpg

で、このBBシェルの位置ではありますが、
この位置では作業できなくて・・・・


DSC02790.jpg
この位置に少しズラさないと、ダイレクトマウントブレーキが取り付かないのであります。
ホントにこのダイレクトマウントというシステム・・・・要らないよ(;´Д`)


コラムカット、他


ブレーキ・ケーブル・アウターとシフト・ケーブル・アウターは、
フレームに元々ついてるのと交換する予定でしたが、
私の勘違いでブレーキ・ケーブルはDURA ACEグレードじゃなかったので、
本来のR8000の良さを味わえないかと思い、あらためて発注しました。
また、ブレーキ・ケーブルも1セットでは足りませんでした。
ダウンチューブ内部もアウターを通すのでたくさん使います。

仕方ないので、
先に一番勇気の要る作業をすることにしました。
コラムカットです(笑)


以前、カーボン・バーハンドルを短くするために、
カーボンパイプのカットは経験済みです。

その時、かなり斜めにカットしてしまったり、
ガタガタな切り口にしてしまったりを経験しておりります。
まあ、それでもバーハンドルだとグリップ装着で隠れてしまいますけどね。

今回は、そんな状態では、取り付けなくなってしまいますし、
何よりも10数万円も出したブツをテキトーにカットするなんて勇気はありません(笑)


そこで、手に入れたのが下の写真のソーガイド。

DSC02754.jpg
え~と・・・なぜか? MERIDAになってしまいました(^^;
たぶん、こちらが、これからの私のメインバイクとなるであろうと思います。
それでも、ブログタイトルは、晴ときどきウィリエールのまんまにしておきます。
我が家には3台のウィリエールがありますからね(笑)

で、このスクルトゥーラ7000-E(2017年モデル)というのは、
結構な軽量フレームでありまして、
ヘタレな私には機材に助けてもらうという選択肢を優先しました(笑)
元々は、輪行専用バイクを作成するつもりだったのですが、
そうならなさそうです(^^;

輪行用のバイクは、
マット塗装じゃなくてクリアな上塗りのある強い塗装でと考えてました。
だけれども、探せど探せど安くて気に入ったフレームのことごとくがマットカラーなんです。
で、諦めました(笑)



DSC02743.jpg

かなり軽量なフレームです。
標準販売価格269,000円+税の50%オフでした。
しかも、軽量シートポスト付属であります♪

但し、元々メインバイクにしていたウィリエール・グランツーリズモと似たようなカラーなので、
新鮮味は全く・・・・・(自爆)


WHAT'S NEW?