Photo Gallery

昨日、ロードバイクで和歌山へ向けて出かけました。
旧の26号線で南下して、孝子峠越えが一番楽だろうって。

それが、越えるまでは良かったけれど、越えてからが最悪。
工事中で、道が狭くてガタガタ。
おまけに大型車がバンバン通るし、下りでスピードものっている。
非常に恐かったです。

また、車側から見て、かなり邪魔な存在だったとは思います。
けど、そんなこと考える余裕もなく恐かった。

ま、とりあえず、自宅から出発して和歌山に抜けたのは、今回が初めて。
しかも、気合も入ってたので、途中の500m程度の登りでは、
30km/h以上を維持して走ったり、
追い風の時は同様の坂を37km/h以上をキープして走ったりしました。
私の中では、相当上出来というか、頑張ってたと思います。


スポンサーサイト
時事通信の記事・・・

「太平洋横断中に遭難したニュースキャスターの辛坊治郎さんら2人が海上自衛隊に救助されたことに関し、
25日の自民党国防部会で、辛坊さんの行動を批判する意見が相次いだ。
中山泰秀部会長は「東日本大震災(の津波)で流し出された人を救出するなら納税者も納得すると思うが、
本当に深謀遠慮に足りる計画があったのか」と無謀さを指摘。
辛坊さんを部会に呼んで事情を聴くことも検討する考えを示した。
 部会に出席した防衛省の黒江哲郎運用企画局長は、救出費用を当事者に請求しない根拠を問われ、
「災害派遣は自衛隊の任務であり、任務遂行のために認められた予算の範囲内で対応した」と説明した。 」


ヨットが趣味で、何年も前から計画たてた人生をかけた冒険に出て、
たまたまクジラに攻撃されて浸水してしまい、
救難要請した1個人をこのように攻撃するのはいかがなものか?

そんなこと言うなら、今までにももっともっと避難されるべき人たちはたくさんいたハズ。
しかも、本人もテレビの前で、他人から言われる前に、
物凄く真剣に謝罪してたし、反省もしている。
そういう1人の人間を攻撃するようなヤツが政治家か?

たぶん、この中山何某は、辛坊さんに個人的な恨みがあるんやろね。
番組内で理路整然と論破されてしまったとか?
辛坊さんって、頭良いですからね、本気で。




中山泰秀さん、

公費を使って1個人を攻撃するな!!

お前らそんなに暇なんか!!




昔々、辛坊さんがイラク戦争の時に無謀にもボランティアで出かけた捕らわれた人に対して、
それを自己責任だと辛坊さんが非難したことが、
今回の件にあわせて問われてるみたいやけれど、
海の冒険に出るのと、戦時中のイラクに丸腰で出かけるのと
全く意味が違うやろが。
しかも、海のことは無償で救助が保証されてるんだろ? 日本では。

これ言ってる天木何某というアカ野郎もたぶん、個人的に恨みがあるのでしょう。
こんな昔のことまで言うなんて。

とにかく、死人にムチ打つようなこんな人たちは信用してはいけませんな。
「海賊とよばれた男」(百田尚樹著)遅ればせながら、先日読みました。
上下巻で700ページ強。
睡眠時間削って1週間で読んでしまいました。

こんな面白い本、久し振りだよ~

上下巻でベストセラーと言えば、昨年、「スティーブ・ジョブズ」を読みましたが、
アレは最強につまらない本でしたね。
モノのデザインや見えないところにまでこだわってモノ造りする姿勢は良いけど、
基本的に性格が破綻している人物である。
そんなの読んでも面白くないのは当然。

けど、月並みだけれども、この本は本当に色んな人に読んでもらいたい。
フィクションの部分が、見え見えだったりするけれど(笑)、
読み始めたら、一気に読んでしまいたくなるから、
寝不足になること必至です。。。




ちょっと値段、高いんやなぁ・・・・汗


今回、何よりも活躍した装備と言えば、

selle-italia-max-slr-saddle-med.jpg

このセラ・イタリアのサドル。
座面は意外と硬くて好きじゃないけれど、この真ん中の穴のデカサが最高。
このおかげで、尿道を圧迫せず、大切な器官を守ってくれます。
そうじゃないサドルで長距離を走ると、痺れたりしますからね、私の場合。



後日、と書きましたけれど、書いた当日に書きます(爆)

琵琶イチ3年目にして、初のフルコース完走です。

      走行距離    平均スピード  平均ケイデンス  平均心拍                           
2011年  148.50km    20.1km/h        72         133
2012年  150.34km    25.3km/h        74        147
2013年  186.52km    26.3km/h        76        142

というような感じです。
今回が一番多く距離を走りましたけれど、スピードも速く、
ケイデンスもセーブしていたのにも関わらずそれなりに上がってました。

パートナーがカミサンじゃなかったら、もう少し速く、ケイデンスも高かったでしょうがね。
そして、平均心拍が5も下がっていたのには喜ばしい限りです。
ここ最近、心肺機能の向上を実感していましたからね。
たぶん、これは、自宅でのローラー台練習が功を奏していると思っています。

また、途中のエネルギー補給(ヴィダーインゼリーなど)、
プロテイン補給による筋肉のケアなどのフォローとか知識麺での向上もあるでしょうけれど。

ま、とりあえず、過去3年、強烈ないつまでも続く向かい風には遭遇していないのが
本当にラッキーだと思います。
もちろん、スタートが遅れて、夕方遅くになれば、どこでも風が吹くので、
それまでにゴールすることが重要でしょうけれどね。
20130608bieaichi.jpg

画像として貼り付けてますので、拡大とかできません。あしからず

朝、5時に起床(就寝は1時だった 汗)して、朝のコーヒーを飲んで車で出発しました。
もちろん、車の中ではパンを食べたりして、エネルギー補給も怠りません。

で、大津京付近のコインパーキングに車を止めて出発する予定だったのですが、
なんだかんだと出発時間が遅れてしまい、現地に到着するのは7時30分頃になりそうでした。
仕方なく、高速出口(瀬田西)を出てすぐの唐橋付近から出発することに急遽変更。

大津京の方が走行後の食事予定の良い場所だったのですが、
今回は、とにかく、少しでも早く出発できることを優先したかったです。


土曜日に、琵琶イチいってきます。
今度はフルコースで考えてます。

スタート地点をどこにするか?
で、散々悩みましたけれど、ほぼ決まりました。

夕食をとる近くがいいだろうって。
てか、意外と準備に時間かかるんやね。
駐車場が24時間か? とか、着替えも、回復の為のプロテインの準備とか、
自転車関連以外の準備のかなり忙しい。

ま、でも、ほぼ完了です。
あとは、金曜日の夜にしっかり寝ることなんですが、
これが一番の難関。

意外と神経質で眠りにつけないのです、ワタクシ。。。

WHAT'S NEW?