FC2ブログ

晴れときどきウィリエール

Archive2016年06月 1/1

久しぶりの雨の中の

今、ニッカ・オールモルトのハイボールを飲んでます。いつもはストレートなのですが、一度、試してみたくて。けど、やはり、オールモルトはストレートに限ります。元々のフルーティーさがハイボールにすると消え去ってしまいますね。スマホで撮影したのをPCに取り込んでトリミングしたら、どこかが切れてしまいますね(^^;...

  •  2
  •  0

茜霧島

写真…傾いてしまってますけど(笑)Amazonのポイントが結構たまってたのでこちらを買いました。って、ストレートで飲むと香りが物凄いですね。芋芋しい焼酎であります。黒霧島よりも、赤霧島よりも。但し、写真のようにロックにすると、あら不思議・・・物凄くまろやかになって、飲みやすいのであります。ウイスキーだと、ロックにすると香りが立ち過ぎてしまうのにね。というか、温度が上がる方が香りがたつのは理解できますから、...

  •  2
  •  0

円高、ポンド安

相対的なポンド安だけじゃなくて、それ以上の安値になったなら、世の中の自転車野郎たちは、wiggleに殺到しそうでありますね。今のところ、そんなに下がっていないですけど、明日の朝9時以降に、ドドンと下がりそうであります。楽しみ楽しみ(笑)獺祭の50であります。実は、ずっとずっと前に飲み干してしまってて、味を忘れてしまいました(爆)てえか・・・非常に美味かったですよ。とは言え、ほぼ普通の大吟醸ですかね?(笑)個人的に...

  •  2
  •  0

今回の優れものとそうじゃないもの

土曜日の高野山ツーリングで一番活躍したブツと言えば、このアミノ酸系サプリ。お腹にメタボをため込んでいる私にとって、エネルギー補給というのは、そんなにたいしたことじゃありません。甘い缶コーヒーの1本でも飲めば、体内脂肪を燃やしてくれて、少々の距離では余裕で走れてしまいます。実際、ハンガーノックって経験したことないんです(笑)精神的ハンガーノックは多々ありますけど(爆)...

  •  2
  •  0

高野山ってなんやねん!? 後編

まあ、とにかく、山間部をひたすら登ります。高野山へは、この辺りからは22kmほど先です。それを登り続けるというのは・・・・涙高野山へのルートということでは、約17.5kmの登りという設定みたいですけどね。この先、4.5km付近にスタート地点を設定してるってことでしょうかね?...

  •  2
  •  0

高野山ってなんやねん!? 前編

今日は、せっかくの連休の日曜日なのに、朝から雨ですねぇ~とは言え、疲れきってて、車で出かける気力もなく、昨日のツーリングの後片付けとまとめをしてます(笑)昨年か一昨年あたりから、カミサンがつぶやくんです。「高野山行ってみぃへん?」 って。その度に、無視するか、とぼけていたのでありますが・・・・「なんのことかわからへんなぁ~???」って。高野山のイメージって、あまりに登り過ぎてるってのが車での記憶ですけど...

  •  2
  •  0

妄想

ランニングも計測するようになってからやっと500kmを超えました。まあ、サブのサブとして走ってるだけなので、ホント、距離が伸びないのですが、それでも一つの節目で嬉しいものであります。ほんの少しの達成感ですかね?(笑)で、週末は、やはり、その達成感を味わうようなツーリングをしたいですね。これは7年ほど前に撮影した写真ですが、自転車で見に行けたら、達成感は物凄いだろな・・・とは考えたりしてみますが、今の私には...

  •  2
  •  0

ぐうたらな一日

No image

昨日の土曜日が仕事で、今日が振替休日。というわけで、午後に用事がなかったら、ヒルクライムでも・・・とは思っていたのは確かでありますが、結局、午後には雨が降ってきて、どうせダメでしたね。来週末は連休が作れそうであります。今のところの週間予報では、雨か曇りっぽいですけど、できることならロングライドしたいですね。地元で走るにしても、金剛山程度の中距離ライド&ヒルクライムはしておきたい。その前に、この74kg...

  •  2
  •  0

足音も高らかに、ヤツはやってきた。

いつもツーリングにご一緒させて頂くDr.かずちゃんに、家まできてもらい、飲み会することにしました。土曜日のことであります。彼は、仕事関連の行事の帰りに、足を延ばして来てくれました。先ずは、獺祭から(笑)てか、このような高級酒はボトルの姿も写真映えしますね、確かに。...

  •  2
  •  0

足音を忍ばせ、ヤツはやってきた。

昨日の夜、ジテツウできなかった腹いせに少しだけ走ったご近所ランニング。火星が物凄く綺麗に見えて、なんだか楽しかったです。そして、足音を忍ばせて我が家にやってきたのは、獺祭(だっさい)であります。左から、獺祭二割三分(贈答用720ml)、二割三分(家吞み用300ml)、そして、三割九分と五割の720ml瓶。今は、冷蔵庫の野菜室で眠って"おられます"。あまりに高級過ぎて、思わず敬語になってしまいます(爆)〆て、11615円也。とは...

  •  2
  •  0