FC2ブログ

Photo Gallery

天候その他で伸びに伸びていたスクルトゥーラ7000のシェイクダウン。
年末の忙しい合間に、
用事を済ませて昼頃から走ってきました。
通常は朝のウチに出かけられないとモチベーション下がって、
もう出かけなくなるのですが、
さすがに、待ちに待ちましたからね(笑)


DSC02871.jpg

石川の河川敷、星の広場です。


スポンサーサイト



DSC02861.jpg

写真左が表題のブレーキパッドです。
こちらに関しては、wiggleで買うのが断トツに安いですね。
3500円程度です。
国内で買うと、軒並み5000円を越します。
ShimanoだとDura Aceでさえその半額以下で買えるのにね。

ちなみに、右側は、アルミリム用のパッドです。
今回、カミサン用のEASTONにもSwissStopを驕ってやろうかと。
確かに、安心感は高いのであります。

またまた酒飲みブログと化すのか?(自爆)

DSC02860.jpg

当初、普通のボウモア18年を買うつもりでしたが、
間違って、こちらを買ってしまいました(^^;
まあ、ポイントがたまってて3千円程度で買えたので、
まあ、ヨシとしますか・・・

以前、サントリー山崎蒸溜所で試飲したボウモア18年と比較して、
よりマイルドさが際立っているように思います。
なにせエイジがたっているので、
アイラと思えぬ飲みやすさ(^^♪

アイラの超苦手なカミサンも満面の笑顔で飲んでますからね(笑)

で、ジョニーウォーカー18年(プラチナムラベル)よりも
コク深くて飲みやすくて美味いですね。
価格も少し高いのでありますが。

けれども、何千ポイントも貰わなかったら買えなかったですけどねん。。。



で、
DSC02556.jpg

写真は以前の使いまわしですが(笑)


あれ(開栓して)から3か月余り。

開栓当初のアルコール臭さが和らいで、
ひときわコクを感じられるようになってきました。
竹鶴に14年モノなんかがあると、
こんな感じなのかも?
という、良い感じの味わいであります。

開栓してからしばらくは飲まずに我慢していれば、
この美味さをもっともっと味わえたのにな・・・という残念感が(^^;

普段は、デュワーズかジョニ黒ばかり飲んでるここ最近ですが、
それでも、これが半分も残っていないのでありました。
高いから、おいそれとは買えないのですよね(^▽^;)



てぇか・・・
土曜日は雨予報だぁ~(泣)
DSC02828.jpg

先週、前回のブログを更新後にホイールとサドルを取り付けて一旦作業終了しました。

というのも、ペダルが届いてなくて。
ペダルを取り付けてから作業をする方が楽な工程が少なからずありますから。


DSC02779.jpg

で、このBBシェルの位置ではありますが、
この位置では作業できなくて・・・・


DSC02790.jpg
この位置に少しズラさないと、ダイレクトマウントブレーキが取り付かないのであります。
ホントにこのダイレクトマウントというシステム・・・・要らないよ(;´Д`)


コラムカット、他


ブレーキ・ケーブル・アウターとシフト・ケーブル・アウターは、
フレームに元々ついてるのと交換する予定でしたが、
私の勘違いでブレーキ・ケーブルはDURA ACEグレードじゃなかったので、
本来のR8000の良さを味わえないかと思い、あらためて発注しました。
また、ブレーキ・ケーブルも1セットでは足りませんでした。
ダウンチューブ内部もアウターを通すのでたくさん使います。

仕方ないので、
先に一番勇気の要る作業をすることにしました。
コラムカットです(笑)


以前、カーボン・バーハンドルを短くするために、
カーボンパイプのカットは経験済みです。

その時、かなり斜めにカットしてしまったり、
ガタガタな切り口にしてしまったりを経験しておりります。
まあ、それでもバーハンドルだとグリップ装着で隠れてしまいますけどね。

今回は、そんな状態では、取り付けなくなってしまいますし、
何よりも10数万円も出したブツをテキトーにカットするなんて勇気はありません(笑)


そこで、手に入れたのが下の写真のソーガイド。

DSC02754.jpg
吹田市のホームセンター・コーナン3000㎡が全焼した火事です。
原因は使用済みボタン電池を大量にビニールに入れて保管していたからだとか。
なんでもも、ボタン電池は+と-極が近すぎて、
大量に保管すると残っていた電気でショートし易いからだとか。
通常の乾電池は長いのでショートしにくいけれど、
状況によっては同様のことが起こりえると。

で、ウチの状況を思い出してゾッとしました。



DSC02752.jpg

下に取り出した電池も上の缶にテキトーに放り込んでおりました。
それこそ無造作に。
しかも、充電完了した状態でであります。
写真には写っていないですが、
数個の単一電池も一緒に入れてましたから、
とんでもない電力が発生する可能性ありましたよね(笑)

って、笑えないですよね(;´Д`)

それに、自転車野郎の常で、
以前はボタン電池もたくさん保管してましたし、
時には数個単位でパッケージが破れてむき出しで露出していることも・・・



私、百均って嫌いなんです。
それなりの品質のモノが多いし、
確かに100円の値打ちもない商品も多いですから。

とは言え、
今回は素直に100円だと良い買い物だと思えるモノを買えました(^^)/


DSC02753.jpg

ここに入れておけば安心ですね。
仕切り板が外れない限り電池の極が接触することありませんし。

充電池をお使いの方、とりあえず100均ショップへ行かれて下さい。
電池専用の商品もありますが、容量が小さいのでこちらにしました。
え~と・・・なぜか? MERIDAになってしまいました(^^;
たぶん、こちらが、これからの私のメインバイクとなるであろうと思います。
それでも、ブログタイトルは、晴ときどきウィリエールのまんまにしておきます。
我が家には3台のウィリエールがありますからね(笑)

で、このスクルトゥーラ7000-E(2017年モデル)というのは、
結構な軽量フレームでありまして、
ヘタレな私には機材に助けてもらうという選択肢を優先しました(笑)
元々は、輪行専用バイクを作成するつもりだったのですが、
そうならなさそうです(^^;

輪行用のバイクは、
マット塗装じゃなくてクリアな上塗りのある強い塗装でと考えてました。
だけれども、探せど探せど安くて気に入ったフレームのことごとくがマットカラーなんです。
で、諦めました(笑)



DSC02743.jpg

かなり軽量なフレームです。
標準販売価格269,000円+税の50%オフでした。
しかも、軽量シートポスト付属であります♪

但し、元々メインバイクにしていたウィリエール・グランツーリズモと似たようなカラーなので、
新鮮味は全く・・・・・(自爆)


新しくロードバイクを作るにあたって・・・

R8000のコンポーネントが揃った。
それに対応するDURA ACEのシフト&ブレーキ・ケーブルセットも手に入れた。
カーボンハンドルも手に入れた。
カーボンディープ・ホイールも手に入れた。
って、グランツーリズモにそれを履かせて、
新フレームにTokenのカーボンホイールを履かせても良いのです。
そう、どういうフレームを手に入れるかどうか?
で、キャラクターの合ったホイールで良いですもんね。

まあ、今のウィリエール・グランツーリズモにディープホイール履かせて、
ロングライド専用としても良いですものね。

そこで悩むのがペダルであります。

DuraAceR9100CarbonSPDSL.jpg

写真は、R9100DURA ACEペダルであります。

DSC02681.jpg

久しぶりにDr.かずちゃんとのツーリングで、
神戸行きですから、珍しく私達がDr.かずちゃんをお迎えに。
その途中の南海沿線でしばし撮影(^^♪


その後、奥様と娘さんに出迎えを受けて出発。

DSC02690.jpg

って、出発してから7~8km後の写真ですけど(笑)

WHAT'S NEW?