曽爾高原行ってきました 後編

 22, 2014 00:17
今日は温かかったですね。


って、日付変わっちゃいましたね。。。


帰宅してからランニングしたら、大量の汗かきました。
その後の食事中もビールを我慢したので、
風呂上りの今・・・・う~んっ、美味い♪


で、先日土曜日の続きですが・・・

soniDSC_0184.jpg

曽爾高原ファームガーデンに着きました。
ここからは、2kmと少しで高原に到着します。
ま、ここからが激坂らしいので、このパン屋さんで1つパンを食して登りました。



soniDSC_0185.jpg


ここ、曽爾高原って、自転車ツーリングには人気ないのでしょうか?
この小さなスポーツバイク・ラック1つしか置いてありませんでしたし、
こんな感じで自転車ツーリングしてる人も疎らでした。


そして、先ほど書いた激坂を登ります。
って、確かにしんどいですけど、大阪の坂に慣れてると、
そんなに激坂でもありません。

いや、確かに、15度の坂とかあるので激坂ですけど(笑)




soniDSC_0188.jpg



凄い人でした。
しかし、皆さん、車かオートバイで来ていて、
自転車で来ているのは私達以外では、
二人ほどしかいませんでした。



soniDSC_0189.jpg


ススキが茶色く色づく見頃はもう少しだけ先ですね。

けれど、私個人的には、夏の青々した高原模様の方が好きです。
天邪鬼ですけどね(爆)



しばらく景色を見てのんびりした後は、下ります。


で、次の写真を撮って、
その1コーナーの進入で事件は起こりました。



soniDSC_0196.jpg

この先の曲がる手前に、




ジャンピング・スポット3箇所  大汗



ガードレールにぶつかるかと思いましたよ。
自転車程度の重量物は、ホントにジャンプしそうな段差が3箇所あります。

私はその一つ目で、もうダメかと思うほど宙に浮きました。
もちろん、ブレーキも効きませんです。

ここで、Dr.かずちゃんに声掛けなくて良かったと思ったのです。

下りの怖い私でさえ、危なかったのに、
いつものDr.かずちゃんのスピードで突っ込んでたら、
間違いなく、ガードレールは飛び越えていたでしょう。

それを思うと、ゾッとしました。





soniDSC_0198.jpg


先ほどのファームガーデンまで戻って昼飯にします。
ここは真横の土のところに自転車を横たえることができたので、
鍵を掛けたりする面倒も、盗まれる心配もなく食事ができるのが助かりました。




soniDSC_0200.jpg

焼きソバとトン汁定食。

って、トン汁のクセに豚が1枚しか入ってないのは、新手の詐欺かと思いましたが、
入っている大根、にんじんその他の野菜が美味かったので許しました。
但し、隣の炊き込みご飯は味がないです(爆汗

そうかと思えば、焼きソバはかなり味が濃いです。
個人的には、両方の中間の味付けが好きなんですが・・・・(笑)

ま、450円と定食が500円だから、仕方ないですね。




そして、そこから帰る方向に下ります。


soniDSC_0201.jpg

こんな感じの長閑な景色が続いて、来て良かったと心から感じます。
時間が許せば、青蓮寺湖方面へ足を伸ばしたかったのですが、
日の入りの早くなったこの季節では諦めることにしました。

今回は、どのくらい登るのか?
距離はどのくらい?
というのも、確証を持たずに出かけたので、
いつもよりも、時速5キロ程度スピードを落として行きましたから、
時間の余裕がありませんでした。

景色は最高なんですけどね。
途中の道でさえ。


soniDSC_0206.jpg



次の写真なんかは、車で来ていたら、絶対に気づかない景色。
自転車かオートバイでないと見れません。

soniDSC_0205.jpg


soniDSC_0204.jpg


これら2枚の写真は、かなり見下ろす感じなんです。



そして、先ほど書いたトンネルの方向へ登ります。
って、たいした斜度ではないですけどね。

soniDSC_0210.jpg

このトンネル手前で休憩しました。
このトンネルは続いて現れるトンネルと合わせて約2kmあります。

恐い恐いトンネルが軽い登りで2km続きます。


というわけで、休憩して、その後一気に駆け抜ける予定であります。
もちろん、遅くなりますけど、カミサンが先行します。

私が後ろから来る車のタテにならないとね 汗

とにかく、車の途切れた瞬間を狙って駆け抜けました。
タイミングが良かったのか、私達を抜いていく車は10台以下で済みました。

但し、爆音バイク軍団には遭遇しました。
トンネル内でバイクの爆音というのは、
自転車組にとって、非常に恐い存在であることは確かです。

この時ばかりは、ノーマル・マフラーで走って欲しいと思うのは、本音であります。
普段は好きなんですけどね(笑)



そして、369号線から165号線へと走ります。
但し、行きとは違って、25号線方面へ回りました。

カミサンがもうのぼりたくなかったなので、
10kmほど遠回りですけど、165号線は避けました。

おかげで、柏原を過ぎて、中央環状線付近では、
もうこの写真のように日没寸前となってしまいました。


soniDSC_0211.jpg




さすがに、この段階では、ラストスパートを掛けました。
堤防沿いに明かりはありませんから、ライトだけが頼りです。
そんな状況はヤですからね。


そんなこんなで無事に帰りました。



走行距離  160.58km
獲得標高   1606m で私の新記録。

但し、平均時速は 22.5km/hと、
ここ最近のツーリングではありえないほどのスローペース。

ま、巡航時も28km/h程度に抑えてましたからね。

けれど、自転車と景色と休日を満喫できた一日でした♪
スポンサーサイト

COMMENT 4

Wed
2014.10.22
14:40

うっちゃん #-

URL

すごい! 頭上がりません!

この調子なら、ラ年春には東京まで来れますね・・・(笑)

Edit | Reply | 
Thu
2014.10.23
21:10

yusuke #-

URL

 うっちゃん

まだ、君のレベルに到達してないで。
ホイールが君と同じアルテグラだったら、
たぶん、ダメだったと思うもん(笑)


で、東京???

というか、
梅新発、東京駅というコースがあるんだってね。
一日で500km走るコース 汗

Edit | Reply | 
Thu
2014.10.23
22:36

Dr.かずちゃん #-

URL

曽爾高原とか青蓮寺湖とか、
何年か前に写真撮りに行ったことあります
・・・もちろん当時はクルマで。

確かにのどかな景色でしたけど、
クルマで走ってたら気づかない景色もありますね。

で・・・

ジャンピングスポットは怖かったでしょうね。(汗)
確かにアホな私だったら谷底へ転落してたかも・・・。(滝汗)

そういえば、この前行った箕面山の下りで道路が陥没してて、
「ドン!」という強い衝撃とともに前後輪がフルロックしました。(滝汗)
幸いにも下りが始まるところで、それほどスピードが出てなくて、
事なきを得ましたが・・・。

強い衝撃のせいでSTIレバーがズレて、
ブレーキワイヤーが引っ張られた状態になったのが原因ですが、
今考えるとゾッとしますね・・・。((((;゚Д゚))))

Edit | Reply | 
Fri
2014.10.24
00:16

yusuke #-

URL

 Dr.かずちゃん

私も随分と前に車で行きました。
あれはチェイサーで行ったのかな?
やはり、こういう道は、楽しいFR車で軽く走りたいですね。


マンホールの盛り上がり? のような感じで
ジャンピング・スポットがありまして、
私の後ろから更にゆっくり来てたカミサンもヤバかったみたいです。

補修するか?
パイロンで囲むか?
せめて、警告するか?
しないと、本当に危険だと思います。

オートバイや車だとわからないのですかね?
少なくとも車だと全くわからないと思います。


とにかく、初めて行った場所の下りは要注意ですね。
って、慣れてる道でも、スピードだし過ぎはアブねーですよ(笑)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?