ひょっとしたら・・・とは思ってたけど 汗

 14, 2014 22:04
諸事情により、今日は急遽休みになりました。
代わりに、土日は仕事です(泣)


んで、先日届いたスリーティーのカーボン・ハンドル・・・
やっと取り付け致しました。
とっても、簡単でしたですね(笑)

今回買ったのは、
C-C(センターセンター=パイプのセンターからセンターのサイズ)で42cmのサイズのハンドルです。
元々ついてたのが40cmだったので、少し大きくしたのです。

前までメインで使ってたトレックのバイクが44cmなので、
相当に窮屈に感じてたのは確かです。


元々ついてたハンドルのデザインは物凄く気に入ってたんですがね。


P1020043.jpg


カバーをめくり上げて、
先ずは、バーテープはがしからスタートですね。


P1020044.jpg






そして、アーレンキーでこのボルトを緩めるとコントロールレバーが緩むので、
ハンドルから抜き取って、
ビニールテープもはがしてしまいます。

P1020045.jpg





全て取り外してしまうと、
なかなかに間抜けな姿ですね。



P1020046.jpg



ステムを緩めて、ハンドルを交換したら逆の手順で取り付けていくだけです。
このステムに固定する時のトルクが最大5.5Nmとハンドルに書かれていましたが、
最大トルクで締め付けると、
私の感覚では、間違いなくオーバートルクです。

色々と探ってみた結果、4.3Nmで締めることにしました。
このトルクでさえ、結構な力がかかっているのは感じました。

ま、できるだけ緩いトルクで締めるのがプロの技らしいですからね。
って、私にはそんなことわかるわけないですけど。

テキトーテキトー(笑)



てなわけで、こんな感じになりました。
この綺麗にデザインを隠してしまうのはもったいないですけど、
ビニールテープ巻いて、バーテープを巻いていきます。

P1020048.jpg



P1020050.jpg



完成!!

P1020052.jpg



試乗したくなりましたけど、
今日はそんなモチベーションがわかず、
夕方近かったのに、これまた諸事情によりライトが取り付けできないので、
今日のところは走らずにおきました。

ライト類は明日には届くでしょうけれど。






んで・・・・・・・・



タイトルのひょっとしたら・・・・という件ですが、




元々ついてたハンドルが、











カーボンじゃなかったんです!!







ずっとカーボンだと信じてました(自爆)









恥ずかしいったらありゃしないよ(笑)
てっきりそうだと信じてました。
質感とかとても良かったしね。





なんとなく、ひょっとしたらアルミかもしれない





とは感じてましたけど~




これで、この外したハンドルがカミサンのバイクに移植されることはなくなりました。
スポンサーサイト

COMMENT 2

Sat
2014.11.15
09:28

Dr.かずちゃん #-

URL

バーテープはがした時の、アノいやらしい糊のクズ・・・(汗)
私は交換の時、アレをチマチマ取るのが大嫌いです。
っていうか、ちょっとくらい残っても気にせず新しいの巻いちゃいますけど。(爆)

yusukeさんは綺麗にはがされていて感心しました。

カーボンハンドルにSTIレバーを固定するトルクって、
とても難しいですね・・・。
あのボルトを締めるには私の持ってるトルクレンチは短くて使えないので、
手探りでおそるおそるアーレンキーで締め付けましたが、
段差の衝撃で何度も位置がズレています。(汗)
その度に少しずつキツく締めるようにしていますが・・・。

>ずっとカーボンだと信じてました(自爆)
ウハハ!それこそまさにプラセボ効果ですよ。
今回買われたハンドルだって、精巧につくられたカーボンもどきかも・・・。(嘘)

Edit | Reply | 
Sat
2014.11.15
21:18

yusuke #-

URL

 Dr.かずちゃん

写真よく見てみて下さい。
このテキトーな私がはがしてからバーテープ巻くなんてこと・・・
あるハズないじゃないですか!!(爆)

次の火曜日・・・
休みなので、雨じゃなかったら、走ってこようと思ってます。
その時に、ズレないこと祈ります 汗

まあ、あの部分は、トルク管理以上に、
ボルトのかかる角度が大切のように感じますので、
手でそれを感じながら
祈るように締め込むのが正解のように思います(笑)

で、元々のヤツ、アルミのクセに物凄く軽いし、
塗装がカーボンっぽいのです 汗

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?