読書の秋

 22, 2014 00:20
とタイトルに書きましたけれど、
本というのは、常日頃から読んでます。

休みが少なくて、ビデオもそこそこ見て、週末は自転車で走って、
平日の帰宅後もローラー台で走ったり、ランニングしたり・・・・
よく本を読む時間あるな・・・・と、自分でも感心します(笑)

つい最近読んだのは、

サクリファイス

一応、推理小説なんですが、ロードレース小説の方が近いと思う。
けど、なかなかスピード感のある良書ですね。
暗峠、十三峠、勝尾寺などという親近感のある地名も出てきたりして、
大阪人にはたまらない設定かも!?

ちなみに、この作者は全く知らない人でした。



また、この筆者って、自転車が趣味とかそんなんじゃなく書いたようなんです。
だけれども、こんなに自転車趣味に漬かってる私よりも詳しいです。

その上、説明がましくなくて、ロードレースをよく知らなくても楽しめる内容。
うまくまとめたと思います。
ほとんど神業。

ストーリーそのものは、そんなにひねくれたストーリーではなく
寧ろ単純でありますが、それがかえって良かったようにも思えます。

自転車好きなら読んで損はないと思います。





そして、早速、続編を購入(笑)

エデン


但し、今読んでる本は5冊ほどを同時読みしています(爆)

って、私の読み方って、そうなんです。
読みたくなる本があると、読んでる途中の本があっても買って読むんです。
平均5冊程度は同時進行で。

但し、その中の1冊は、読み終えるのに1ヶ月以上かかることも(爆)

ちなみに、先ほど紹介したサクリファイスは一日で読み終えました。



あと、別に読んでる本の1つに、

51PXtUagyfL__AA278_PIkin4,BottomRight,-41,22_AA300_SH20_OU09_

こんなのもあります。
Amazonから持ってきた写真なので、Kindle版だったりしますが、
私は紙の本しか読みません。
古臭い人間なんです。

紙を消費するよりも電気を消費する方がエコらしいのですがね。


で、この疋田氏の本は、当然のようにまだ途中なのですが、
フォールディング・バイクについてとても詳しいし、
とてもわかりやすい。

読破した翌日が休みだったら、
小径車専門店に駆け込んでるかも知れませんですね。
ここ大阪には、そんなお店もあるんです。
恐ろしいことですね(笑)





手ぐすねひいて待ってるような・・・汗





昔は、こういう趣味性の高い本と言えば、いつも車の本でしたけれど、
今は自転車系がほとんどですね。

当然の流れなんでしょうけれど、
別に本まで読んで楽しまなくてもね。

というか、本を読むだけでも楽しいのが自転車ということなんでしょうか?
自分でもよくわかりません。


但し、自転車に限れば、
本で読んだりしているほど、上達はしませんね、私の場合。
年齢的なことが最大の原因なんでしょうけど(自爆)


ちなみに、今、同時進行で他に読んでる本は、
経済系、政治系、自転車雑誌2冊、小説ということで、
合計6冊ですね(馬鹿)

てか、エデンも追加するかな?(爆)


この中の政治系の本・・・・
読み終えるのは、たぶん、




2ヶ月後




のような予感がします(更爆)


スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?