FC2ブログ

御木幽石(みきゆうせき)

 20, 2006 23:59
この名前知ってる人はかなり少ないと思います。
でも、ちまたでは有名らしいのです。

検索するとHPもありますから、
どんなことやってる方なのかわかりますが、
とにかく、この方の絵を買ったわけなんです。

直筆とか、こちらから依頼して・・・
とかだったら、かなり高そうですが、
色紙とか買う程度だと、そこそこリーズナブルな金額で買えます。
その場合は、当然、印刷なので、同じものが
あちこちに出回ってるハズ(笑)

まあ、私もそうですが、"絵"というよりも、
"字"に主眼を置いた感じですから、
私のように、描かれてあるメッセージが気に入って買う
という人も多いでしょうね。


ちなみに、HPを検索しても、私の買ったモノそのものは
載ってませんでした。
そして、予想通り、額縁の価格がほとんどだったハズ
ということもわかった(爆)


というわけで、カミサンにメッセージを伝えるつもりで
この方の額を購入したワケなんですが、
今回は珍しく、カミサンも記念品を買ってきた(いつも私が買うだけなのね)
まあ、何せ"水晶婚"だからね(意味不明)・・・・
というか15周年っすから。

んで、カミサンが買ってきたブツがこれ
       ↓

おろし器


いわゆる大根おろし器だ(笑)

それを見た瞬間に、私はこれを買ってきた意味を理解した。
というのも、
以前、こんな感じの大根おろし器をテレビで紹介してたのね。
んで、それがイチマンエンもする手作りの工芸品で、
プロの料理人が使うシロモノで、実際に、これでおろすと
きめ細やかな水分が流れ出さない大根おろしができて、
同じ大根を使っても、普通のおろし器でおろすのとは
随分と味も違うってことらしい。。。

んで、二人で話しながら、かなり気になってたのね。

そして今回は、私とは別の百貨店でカミサンが同様品を買ってきたというワケ。
だからテレビで紹介してたのは、東北だったら北陸だったかの
田舎の方で作られてたハズなんですけど、
今回は地元堺市(直線距離だと1キロほどだもの)で作られたもののようです。
価格は、6千円とちょいで、竹ブラシもついていた。
でも、さすがに、堺で作られたものだけあって、
ズッシリと重いという表現に近いし、おろす部分の打ち目には
多少のムラがあるけれど、
とても味わいのある造形をしているように見える。

普段使っているセラミック製のおしろ器と比べても、
また普通に売られてる真鍮製のおろし器と比べても、
そのおろす部分の高さは結構あります。

モノとしては、たいしたことのないモノかも知れないけれど、
こういう職人技に触れる機会というものは、
そうはないものですから、しげしげと手にとって
眺めてしまいました。

でも、プロの料理人ではない一般家庭で使うには、
かなりなゼイタク品であるのは確かっすよね(;^_^A アセアセ・・・

大根おろしを食すのが楽しみになってきた(笑)
スポンサーサイト



COMMENT 2

Sun
2006.05.21
10:55

はねなし #TIXpuh1.

URL

刃物のマチです(笑)

Edit | Reply | 
Sun
2006.05.21
21:27

yusuke #-

URL

そいや・・・

 はねなしさん
既に堺市民でしたね(笑)
もう慣れました?

私は人生の半分を大阪市内で住んでますし、
大阪市内が一番落ち着くんですけど、
それでも、やはり、心は岸和田市民です(笑)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?