続・グレンリベット12年

 12, 2015 00:33
近々、自己紹介ページを作ろうと思ってます。
実は、もう、1年以上前から、思い続けてはいたんですがね 汗
このページを最近から読み始めた人は、
どんな自転車に乗っているのか?
たぶん、わかっては頂けないだろうなと思いましてね。

だから、ブログ・カテゴリーに自己紹介というのを作っておけば、
初めて見てくれた人にもご理解頂けるだろ・・・・って。
時々は更新されることにもなるのでしょうけれども。


DSCN1070.jpg

で、またまた使いまわしの写真ですが(笑)

今、また、このグレンリベット飲みながら書いてます。
今みたいに、寝酒として飲むには美味いウィスキーだと思います。
食事中や食後だと物足りないと思うのは、今も一緒ですけど。



この飲み心地の軽さというのは、たぶん、
樽が木製じゃないんでしょうな。

木製樽で12年も熟成して、こんなに軽い味わいというのは無理だろうて。
最近は、金属製(ステンレス)樽が主流とも聞きます。
本当なら、とても嘆かわしいことだと思います。

少なくとも、サントリー山崎工場を見学した時(10年ほど前)には、
木製樽しか見なかったし、
最近テレビでよく見た余市の蒸留所も木製樽しか映りません。


だけれどもこれは、きっと金属製なんだろうな・・・と思うのです。

この味わいなら、ニッカの半額程度のブレンド・ウィスキーの方が美味いし、
シングル・モルトに限定しても、ニッカの余市ノンエイジの方がはるかに美味いし安い。

という印象は変わらないですね(笑)


というのも、ウィスキーって、その時の体調はもちろんのこと、
その時の天候や食事などによっても、印象が変わるように思います。

ま、ビール以外ほとんど全てのお酒ってそういうもんなんでしょうけどね。
初めて飲んだ時と二度目に飲んだ時の印象って、
よく変わりますしね。

けど、こいつはほとんど変わらない(笑)


定番スコッチの一つなんですけど、
価格的にも、味わい的にも、中途半端な印象は否めないです。
これだとブレンディッドのジョニ黒、バランタイン12年といったところの方が
味わい深いし、美味いよね。
その2つは、食事中、食事後、寝酒全てで変わらず美味いですもん。

ま、ウィスキーって、食前にストレートで飲んだらダメですけどね(笑)
胃が焼けてしまいますから。

そんな取り留めのない、結論のない、そういう日記にお付き合い頂いた方へ。

本当に、スミマセン。
なんのオチもなくて。

ただの酔っ払いの戯言でした(爆)

スポンサーサイト

COMMENT 2

Fri
2015.06.12
22:10

Dr.かずちゃん #-

URL

余市の蒸留所・・・

マッサンのロケで使われたのは、
一般公開している展示エリアだと思います。
3年前に私が見学したのと同じ場所でしたので。

敷地内に実際に稼働している工場があるのですが、
そこは見学できないようになってました。

番組で出てきた木製樽は全て撮影用に作ったものかと・・・。

でも、ニッカのウイスキーは(私が飲んだことあるものは)、
どれもスモーキーで樽の香りがしますよね。

今更、樽の香りのしないウイスキーなんて飲めないですよね。(笑)

Edit | Reply | 
Sat
2015.06.13
22:10

yusuke #-

URL

 Dr.かずちゃん

ドラマ以外でも、色々と映されてましたけど、
実際の熟成樽ではないんでしょうかね?

んで、ピート香の強いのも
樽熟成でまろやかになるように気もしますし、
樽樽臭いのはそれはそれで楽しいですよね。

もちろん、
グレンリベットだって美味いですけど、
なんだかスコッチらしさを感じないんです。
他の差身がないというか・・・

メーカーで選ぶなら、ニッカがダントツに美味いのは
間違いないですね(笑)
私が日本人だから・・・というのは関係ないとは思うのですがね。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?