曽爾高原ツーリング 再び 後編

 12, 2015 22:00
DSCN2179.jpg

で、曽爾高原手前のファームガーデンでは、
Dr.かずちゃんが待っててくれました。

既に、この特殊棒(笑)をつけて撮影中。


DSCN2183.jpg

そして、その先の登り区間ですが、
ここから見えていない部分には、かなりな斜度が待ち構えてますから、
きちんと休憩をとります。

残り、2.3km程度なんですけどねん。。。



DSCN2184.jpg

そして、更に後から登ってきたカミサンは、
向かいの草餅屋に直行(笑)



DSCN2188-2.jpg

美味そうに食ってやがりますよ(笑)


そして、その後、登りましたけど、
斜度13%以上が続く区間があったりして、もう足がなくなってました。



DSCN2193.jpg

この写真の箇所(三叉路)からは、残り200mほどなんです。



しかし、





しかし、





しかぁ~しですよ、





不甲斐ないことに、私、






足を地面についてしまいました!!








悔しかったですけど、
もう、足がピクピクとして、攣る寸前でしたから、
素直にあきらめました。

去年の来週辺りに来てますので、
残りの距離は覚えてます。
それでも、ダメでした。


ここまで、走行77km程度、
最後の200mで登り切れずに足をついてしまうなんて・・・
情けない。




ちなみに、Dr.かずちゃんは当然として、
カミサンも遅いなりにも足をつかずに登り切りました。








俺だけ、







負け犬(泣)






ま、だけれども、それでも、ここまではかなりきつかったのは確かなので、
達成感はありましたよ!!

少しだけ・・・
ほんのちょっぴり、
負け惜しみですけどね(自爆)





そして、その後、
狭い道をたくさんの人とすれ違いますので、
ここは自重して、押し歩きで100mほど登れば、この景色に出会います。





DSCN2195.jpg



DSCN2196.jpg

カミサンと右後ろがDr.かずちゃんね。




DSCN2204.jpg

ワタクシ・・・





DSCN2207.jpg

さすがに、
このSPD-SLシューズでは、歩けませんので、
この先の高原を堪能することはできませんでしたけど、
再び、押し歩いて、100m
下ったら、先ほどのファームガーデンまで戻ります。

途中に、ジャンピングスポットがあったことを忘れていませんでしたので、
とばし屋のDr.かずちゃんに注意を促しながら、
下っていきます。


登りがきつかったら、当然、下りもきついですよね?


さすがに、走行しながら写真を撮るのは、非常に困難でした 汗

斜度が緩んだ箇所でも怖かったのであります。
コーナーまでの距離も短めですしね。




DSCN2214.jpg

ジャンピングスポットはこの先。




DSCN2217.jpg

決死の覚悟で写真撮ってます。
斜度10%以上で、右手だけで運転するなんて、
前転モード炸裂ですから。




で、
先ほどのファームガーデンまでは一瞬で到着。




DSCN2221.jpg

去年も食べたトン汁の定食。
またまた食べてる途中の写真ですけど(笑)、
今回は、そんなに腹が減っていませんでしたから、
大盛りを頼んで、カミサンはコンニャクを追加して、
二人で分けて食べました。

まあ、これでも、この時には、十分な量に感じましたね。


しかも、昨年に比べると、
炊き込みご飯も味がついてたし(笑)、
トン汁も豚肉が入ってましたよ♪
3×8cm程度のが3~4枚入ってましたもん。

昨年は、
1×3cm程度のが1枚。
それも、探して捜してやっとみつけた肉片(爆)

まあ、相も変わらず、入ってる大根やにんじんといった野菜は
物凄く美味かったです。
地の野菜って素晴らしいです。



DSCN2223.jpg





DSCN2224.jpg

ファームガーデンを後にして、
下り切ったところ、369号線手前ですね。

実は、ここに降りるちょっと前の景色が最高なんですけど、
斜度がきつすぎて、背中のカメラを取り出して、
シャッターを押すことができませんでした。

ここまで降りてきてやっと、シヤッターを押せたって感じです。

まあ、この区間は、登り下りともに一方通行規制されてますので、
走りやすいのは確かですね。



DSCN2227.jpg





DSCN2230.jpg

遠くに、曽爾高原の山肌が見えますね。

さらば、曽爾高原。




DSCN2235.jpg


DSCN2244.jpg

行きに、快適だった下り傾向の道は、
当然のごとく登り傾向となって立ちはだかりますね 汗

一度、激坂で足を使い切ってしまった私には、きつかったです。
去年は、このあたりの登りで苦労しなかった記憶があるのですがね。。。





DSCN2246.jpg

そして、4つあるトンネルに差し掛かります。



DSCN2248.jpg

こんな感じなので、爆音バイクやトラックが通過する時は特に怖いです。



DSCN2250.jpg

そして、二つ目のトンネル手前で休憩。
このトンネルは長いので、
覚悟を決めて走り切る必要がありますから、
手前で休憩するのは必然ですね。


そして、4つ目のトンネルを過ぎると、
行きで必死で登った道の帰りでありますから、
快適だこと、快適だこと(笑)




んで、落とし穴が待ち構えてました。





パンクでした。







下ってる時って、
大声で叫んでも前走者には聞こえにくいんですな。
風切り音が物凄くてね。

そして、電話してもなかなかに電話に気づいてくれません。
パンクの原因というのが、
その時点でははっきりとはわからなかったので、
カミサンには戻ってきてもらいました。
予備タイヤを彼女が持ってましたからね。


結局、電話に気づいてもらえたのは、1.5kmほど先だったようです。
このおかげで、彼女は獲得標高を私よりも40m程度稼いだみたいですが(笑)

Dr.かずちゃんには、戻らずに、先で待っていてもらえるよう伝えました。


DSCN2251.jpg

先で、Dr.かずちゃんが待っているので、
慌ただしく、この写真1枚撮ったら、激走であります。



そして、行きでも止まった、登り切った場所にある榛原のローソンで待っててくれました。



そして、軽く補給をした後は、これまた激走であります。
165号線の行きでは登り続けた区間であります。

ペダルをこがずに惰性でも60km/hを超えます。
最高速は63.3km/h。
ペダルを踏んでたら、70km/hを超えられたかも知れません。


そして、それなりの斜度の下り区間が終わったその後も、
ずっとずっと下り基調が続きますので、
私はカメラも持たずに、先頭で意気揚々と走り続けてました。
疲れているにも関わらず35km/h以下では走らなかったかと。



そこに、またまた落とし穴がありました。








突然、







ばぁ~っんっ!!









という爆発音が聞こえたかと思うと、
リアタイヤから感じ馴れた感覚が伝わってきました。




またまたパンクであります。



今度は、チューブが破裂してました。
タイヤも一部が、リムから外れるほどの破裂。

後ろを走行していたDr.かずちゃんによると、
思い切り白煙が立ち上ったらしくて・・・・大汗


そして、それを見ることができなかった自分が悔しくて(バカ爆)






原因はしばらくしてから、想像できました。
そう、先ほどのパンク修理時に、空気圧を上げ過ぎたんですな。

CO2ボンベ1本分をまるまる入れた後に、
激走を続けたもんですから、発熱して破裂という運命。
60km走行中に破裂しなくて良かったですよ、ホント。
とは言え35km/h以上は出てましたので、
それなりに怖かったですけど 汗



というわけで、


当然、今度はCO2を入れてから、少し空気を抜いて最出発であります。





このあたりのツーリングではいつも立ち寄る桜井のファミリーマートへは立ち寄らずに、
ずっとずっと進んで、香芝のセブンイレブンで最後の休憩をとりました。

日没が迫っていたので、少々気持ちは焦ってました。



そして、そのまま165号線を走り続けましたが、
トラックや乗用車からの心無い幅寄せに何度も合いましたね。
物凄く悲しかったです。
腹立つよりもね。

平日のジテツウや、大阪市内の走行ではこんなことないのですがね。
市内では、自転車の方がマナーが悪くて、
車の方が諦めてるだけかも知れませんが。。。



そして、大和川堤防に入って、自宅へ向かいました。


Dr.かずちゃんとは、自宅前で別れたのですが、
次回は、もう少し短いツーリングで、その後の飲み会も楽しみましょう♪
と約束して別れました。


しかし、
この人には、登りでも下りでも勝てませんわ(笑)
下りは体重の重い私の方が有利なはずですが、
極度の高所恐怖症でもある私には、
下りでスピードだすなんてできませんです。






んで、疲れ切ってた私達は、とりあえず、風呂に入って、
心身ともにリフレッシュしてから、
隣町の焼き鳥屋まで散歩。

この散歩が筋肉を癒してくれるんですな。



もちろん、その後のアルコールとタンパク質も(笑)


但し、帰りは、タクシーというイカサマでしたけど 汗



sonikoudo.jpg

こんな感じで、上り下りを経験しました。
ツールドの選手たちって、
毎日毎日もっともっと長くてハードな道のりを
あれだけのスピードで走り抜けるのですね。

ホント、信じられないです。



sonimap.jpg


走行距離    153.85km
平均時速    24.1km/h
獲得標高    1605m
平均心拍    139
ケイデンス    81
最高速度    63.3km/h
最高ラップ    52.3km/h(1km走行の平均スピード)

ま、とにかく、残り200mで足をついたけど、達成感を満喫しております(笑)



それにしても、
この手のツーリング中にパンクをすると、
次にパンクするのも同じ人だというのは、
自転車あるあるの一つですな 汗

スポンサーサイト

COMMENT 2

Tue
2015.10.13
21:45

Dr.かずちゃん #-

URL

あの2回目のパンクは、至近距離で目撃しましたが、
「パ~ン!!」という大音響とともに
後輪から白煙が上がりましたから、
狙撃されたのかと思いましたですよ・・・。(爆)

それにしても、今回のツーリングはタフでしたね。(汗)
次は金剛山ヒルクライムくらいにとどめて、
ツーリング後の飲み会しましょうね♪

やっぱり焼肉&ビールが良いっすかねぇ?(笑)

Edit | Reply | 
Tue
2015.10.13
22:37

yusuke #-

URL

 Dr.かずちゃん

狙撃って 汗笑
てか、ホント、そんくらいデカイ音でしたよね。。。

まあ、関西では、
あんな景色ってなかなかに出会えませんから、
自転車で行って帰れたってだけでも、
気分は上々です(笑)

ちなみに、
ウチの近所でするなら、
いつもの焼肉屋は夜もセットで頼めばリーズナブル。
某お好み店だと、更にリーズナブル。
それ以上は鳥貴族でしか無理です(爆)

それ以外では、魚介系も含めて、
居酒屋は数えられないほどあります。
寿司屋もリーズナブルに特上を味わえますよ(笑)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?