初冬のビワイチ? 後編

 30, 2015 22:00
あじかまの里に到着。

DSCN2441.jpg

ここは、ビワイチすると100%立ち寄ってますね。


そして、いつもの鴨そば。

DSCN2442.jpg




カミサンはそばアレルギーがあるので、
ここでは、いつも別の食事であります。

彼女は、団子とか買ってきてました。




そして、私はそば食った後は、お土産に饅頭を2個買ってきて、
このようにハンドルに取り付けました。

DSCN2445.jpg




そうすると、ここで、雨が降ってきました 大汗


あじかまの里って、琵琶湖の一番北にあります。
リタイアすることができる場所ではありません(泣)



DSCN2447.jpg

丸子船と呼ばれてる船が展示されてます。
ここにいると、琵琶湖を意識することがないほどに内陸部に感じますが、
琵琶湖はすぐそこにあります。
だから、船もあるんですね。



ちなみに、さきほどの鴨そばには、琵琶湖でとれた小エビのかき揚げが入ってます。
この辺りが港だった証しでもありますよね。



DSCN2448.jpg


DSCN2449.jpg

この前買ったカステリのレインウェアが役立ちました。
本当は、ヒルクライムの帰りに防寒具として活躍してもらうつもりだったのに・・・


いきなり、本来の雨具として活躍することになりました。





そして、とりあえず、進む方向に出発すると、
雨が激しくなってきました。

そして、進むことは諦めて引き返すことを決断しました。



今回は、メタセコイア並木を通ってみたかったんですね。
もちろん、青々としてるわけもなく、
枯れているか? 良くて紅葉しているか?
だったけれどもね。



DSCN2450.jpg

この写真は、雨から逃げ切ることができた場所で琵琶湖を写したものです。



そして、この後・・・・物凄く後悔しました。



そう、本来進む方向が晴れているのに気づいたんです(泣)



しかし、そこに戻るには、距離も進んでましたし、
もう一度、雨の中を走る気持ちにもなれませんでした。





そして、先ほどの湖北水鳥ステーションを過ぎて、
琵琶湖の反対側を見てみると、


DSCN2453.jpg

このように池? に水鳥が整列している景色に出くわしました。
進まずに、戻ったことの後悔を少し和らげてくれる光景でした。





そこから数10km走って、トイレ休憩をとりました。
そこから琵琶湖側(湖西)を撮った写真です。

DSCN2454.jpg

良い天気ですよね・・・




その反対側は、

DSCN2456.jpg

こんな感じです。

琵琶湖の大きさをあらためて感じる一コマでもありました。





その後も、追いかけてくる雨雲と競争しながら走り続けました。
おかげで、休憩の頻度は少なかったと思います。
もちろん、休憩の時間もドリンクを飲むだけとか一瞬で終了です。



ある程度進んで、雨雲の心配がほぼ消えた辺りで、
さきほど仕入れておいた饅頭でエナジー補給であります。

DSCN2457.jpg

この何ら変哲のない饅頭の美味かったこと!!
既に、120km程度走っていたからのご褒美ですね(^^♪




そして、行きにも立ち寄ったセブンイレブンで最後の休憩をとります。
ここでは、久しぶりに腰を下ろして休憩しました。

DSCN2461.jpg




その後、車を止めた駐車場へ向けて、ひたすら走ります。
そう、何も考えず、走ることだけを考えて。


けれども、足を止めざるを得なくなりました。



そう、


この景色だけは、




走りながらではなくて、
足を止めて写真撮りたかったんです。






DSCN2464.jpg

写真ではなく、実際に目にした瞬間は、本当に感動でした。
引き返したことを正解だと思えたほどに。


その後は、一気に走りました。
駐車場についた時は、初めてビワイチを完走した時のように嬉しかったです。


体調が良かったら、そんなに嬉しさは感じなかったでしょうけどね(笑)




走行距離     146.60km
平均時速     27.9km/h

初めてビワイチ完走した時は、時速20km./h程度だったので、
それなりに進化してるんだなと実感。

平均ケイデンス   85
平均心拍       135
獲得標高       441m

って、そんなに登ったっけ???
と思いましたけど、カミサンのガーミンの記録と2mしか違わなかったので、
本当に登ったんでしょね。

勾配のきつい場所は賤ヶ岳までの登りの短い区間だけでしたから、
登ったって実感は本当にないんです。



kotououfuku1.jpg

一周していないのが淋しいと思う走行軌跡ですね。



kotououfuku2.jpg

帰りは休暇村を通らなかったのでこんな軌跡になってます。


フルコースどころか、北湖ですら1周していないのに、
なぜか? それなりの達成感がありました。
やはり、体調不良をおして走り続けたからなんでしょうね。


で、
駐車場までたどり着いたのがほぼ16時ちょうど。

食事は帰宅してからとることにしました。


もちろん、焼き肉です(笑)



美味かったですね(^^♪

スポンサーサイト

COMMENT 3

Mon
2015.11.30
22:19

私は誰でしょう? #-

URL

100km超えツーリングでの途中のスイーツ補給は格別ですよね♪
前回の曽爾高原の時は、先に行って待っていたコンビニで内緒で(汗)食べた「豆大福」、
最高に美味かったですもん。(爆)

最後の雲間からの光芒・・・素晴らしい写真が撮れましたね♪

クルマで走っていてこんな景色に出会ったことはありますが、
なかなか止まって撮影するってことはできませんからねぇ。

それにしても見事に琵琶湖の東半分の往復ですけど、
距離はビワイチ(「ほぼいち」って言うことを奥様から教えていただきました・笑)って
言っていいんじゃないですか?

いずれにしても大変お疲れ様でした。m(__)m
来年の良い季節に行かれる時には、是非とも私も誘って下さいね♪

Edit | Reply | 
Mon
2015.11.30
22:22

Dr.かずちゃん #-

URL


すいません。
旧宅のパソコンからの投稿でしたので、クッキーが残っておらず、
投稿者不明のコメントになってしまいました。

Edit | Reply | 
Tue
2015.12.01
20:37

yusuke #-

URL

 Dr.かずちゃん

ツーリング途中で食べるスイーツは絶対に"和"ですよね。
シュークリームなんぞ食べたら、ゴジラみたく吐いてしまいそうで(笑)


今回は、一応、直接誘わずに"釣り(笑)"だけにしました。
たぶん、シェイクダウンと称して登りたいと思ってましたからね。

次回は、ぜひ、青々としたセコイア並木経由で行きましょう♪

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?