今年2回目のビワイチ(但し北湖) 後編

 26, 2016 23:00
今朝は早朝出勤でした。
まだ、雨が降っててジテツウできずでしたので、
帰宅直後にランニングしました。

但し、このビワイチの疲れを実感して、
ジャスト2kmだけで終了しました(;^_^A



で、ビワイチの続きです。


あぢかまの里で食べ終えた時点で、11時30分頃。
なかなかに良いペースであります。

12時過ぎまで、のんびりして再スタートであります。

なんとなく、新旭風車村で休憩するというのがありまして、
逆に言えば、そこまでは休憩なしでいきますよ~って感じであります。


DSCN4513.jpg

よくわからないかも知れませんが、
前方に先ほどの黄色いお兄さんが写っております。



その黄色いお兄さんもあぢかまの里で休憩されてたようであります。


そして、ほぼ同時に出発してしまったと。




あぢかまの里を出て、信号で左折すると、
このビワイチ・コースでは、
賤ヶ岳以外では、一番勾配のきつい箇所になるんですかね?
獲得標高は50m程度でありますが、一気に登りますから、
それなりにきついのであります。


その登りの途中で、黄色いお兄さんが私に余裕で抜かれるのでありました。




って、当たり前なんです。


彼の履いてるホイールはR-500というシマノの一番ベーシックなホイールで結構重くて、
登りで使うなんて絶対にヤです(爆)
それに引換え私のは、カーボンホイールでかなり軽いのでありました。


勾配がきつくなればなるほど、
R-500はどんどん不利になっていきます。

そして、その後、
登りきった後のトンネルを抜けてカミサンを待ってましたら、
R-500に負けてしまったカミサンがやっとやってきました。


そして、その後、
疲れてしまったのか?
ペースの上がらない黄色いお兄さんを途中で抜いたのですが、
コース変更の矢印に逆らって、
いつも走ってるコース通りに走ってる間に、
その黄色いお兄さんにまたまた抜かれてしまいました。

それが、先ほどの写真なんです(笑)



DSCN4515.jpg

この辺りの景色は最高でしたね。


雨が心配なほどだったのですが、
そのおかげで、水と山と雲とで織りなす景色が最高でした。
写真で再現できていないのが残念であります。


そんなのが10~20km程度続きましたかね?




DSCN4519.jpg

このように彼岸花が綺麗でした。
また、琵琶湖の周囲には、彼岸花がたくさんたくさんあるんですね。

それが目当てのカメラマンもたくさんいてましたよ。



DSCN4525.jpg

住吉神社って、やはり住吉大社の系統なんでしょね?
確か池田市にもあった名前だと思いますが、
結構あちこちにあるのかもね。



DSCN4526.jpg

こういう町屋集落を走るのも風情があって好きです。
たまにある酒蔵なんか見つけると立ち寄りたくなるのがつらいところであります(笑)



あぢかまの里を出て、30kmと少し程度走り続けたのでしょうかね?




いつも休憩する新旭風車村に到着したのでありますが、閉鎖になってました 汗


そりゃあ、あんなに閑古鳥泣いてたら閉鎖にもなるよね?

と思いながら、そこの向かい側にも休憩できる場所がありましたので、
そこで休憩をすることにしました。


ここでやっと、
例のR-500の黄色いお兄さんとお別れであります。


てえか・・・
あの重いホイールでよくあんなに走り続けられますね。
なんだかんだと、30km/h程度では走り続けてましたからね、彼も私達も。

素直に凄いと思います。


そして、まだ休憩もせずに走り続けるようでした。
彼の背中に「頑張れ!!」
と心の中で叫びましたよ(笑)





機材に助けてもらってる私とは大違いであります(自爆)




DSCN4539.jpg






DSCN4548.jpg

その休憩できる場所では、
これまた彼岸花が綺麗でしたので、パチリと。



てか、自転車降りて撮影してるのに、
乗りながら撮ってる写真の方が綺麗かも!? 大汗





DSCN4550.jpg



その後、
再び、町屋集落を抜けると、
国道161号線を車とともに走り続けることになります。




DSCN4555.jpg

セブンイレブンを左折すると、この赤い自転車道が目印の道に入るのでありますが、
その手前の道が狭くて、
トラックがとても怖い区間であります。

私達がセブンイレブンでそれるのを知らないトラックドライバーの
苛立ちを感じる状況ではありましたが、
なんとか手で合図をしながら、あとほんの少しだけ待ってくれ!!
と合図をしたりする工夫が必要に感じました。

精神のアブネーやつには通じないかも知れませんけどね。




DSCN4563.jpg

この湖西線と平行に走る区間では、なぜか?
必ず特急サンダーバードに遭遇します。

サンダーバードで行く旅がしたいです。






そして、その後、由良山の前で。

DSCN4567.jpg




ここはいつも立ち止まって撮影タイムであります。
但し、この時は、少しだけ降ってました(;'∀')
ほんの少しだけ。





DSCN4568.jpg

この雲に覆われた景色も肉眼では素晴らしかったんですけどねぇ~





DSCN4569.jpg





てなわけで、気を取り直して出発しました。
あともう少しでゴールであります。




この赤い自転車道区間を過ぎますと、
湖岸沿いの道にでます。


ここがまた綺麗で楽しい区間であります。





DSCN4571.jpg

そこで見たのがこの景色。




う~ん・・・
コンデジでは無理なんかな?(笑)




山々のコントラスト。
雲々のコントラスト。
それらが織りなす絶妙の景色でありました。



地元民と思われる原チャリのオバチャンとかも立ち止まって見とれてましたから、
この琵琶湖周辺でも珍しい景色だったんでしょうね。




って、実は、帰りに走ってた近畿道から見た生駒山の雲のかかり方もこんな感じで、
見たことないくらい綺麗でしたから、
この日がこんな気象条件の日だったんですね。





そして、


DSCN4577.jpg

到着!!




結構なハイペースで走れたと思います。




まだ15時30分でしたからね。




で、今回は、もう着替えもせずに帰る予定であります。
こちらで食べて帰ったりしないですから、
汗を拭いたり、着かえたりをしなくても良いですからね。




そして、近畿道から生駒山を見て感動したりしながら帰宅してすぐに、
自転車を片付けて、シャワーを浴びました。










そして、その後は、お決まりの焼き肉コースです(爆)

DSCN4578.jpg

次男が仕事で遅くなるということでしたので、
ここは夫婦だけで食べに行くことになりました。

カミサンはこの焼き肉店の会員になっていて、
今月が誕生日月なので、なんと20&オフ!!


というわけで、ハイボールを飲んだりしながら、
動けなくなるほど食べまくりました。

ここはなかなかにお安いんです(^^)/


とは言え、今回は、夫婦で1万円程度になってしまいました。
高いテールスープをやめてカルビスープにしたり、
1杯目のハイボールをいつもの山崎じゃなく、角にしたりして、
少しはコストを下げる努力をしたのでありますが。。。

まあ、2割引ですから、7千円代には収まりましたけどね(笑)




DSCN4580.jpg

で、なんと誕生日プレゼントってことで、
こんなスイーツ・プレートを無料で出してくれましたよ。

またまた既に食べてしまってる後半戦でありますが(自爆)、
このプリンなんか無茶苦茶美味かったです。





まあ、とにかく、
気持ち良く走れたことは確かでありました。
ほぼ無風に近い状態でしたからね。






kitakoisshuu.jpg

フルコースを何度も走っているのにも関わらず、
リハビリということで北湖だけにしましたけれど、
そのおかげで基本、30km/h程度で走り続けられました。

疲れてきた時は、26~28km/hにペースダウンをして、
疲れを回復させる走り方をしたりしてね。


走行距離     150.56km
平均時速     28.5km/h
ケイデンス     86
平均心拍     143
獲得標高     376m


フラットとは言いながら、この程度には登ってるんですな。。。
スポンサーサイト

COMMENT 4

Tue
2016.09.27
21:02

だくてん #-

URL

ご夫婦でのビワイチ羨ましい限りです。

わたくし、びわ湖を4周ほどしておりますが全て北湖であります・・・
今年こそはと毎年フルでの一周を目論んでおりますがいつになることやら です。

琵琶湖大橋から南のルートは未知の世界ですので、下調べを入念にしてチャレンジしてみます。もちろん ソロですが・・・

それにしても基本30km/h ペースダウンでも26~28km/hってすごくないですかぁ!!

Edit | Reply | 
Tue
2016.09.27
21:02

Dr.かずちゃん #-

URL

>山々のコントラスト。
>雲々のコントラスト。
>それらが織りなす絶妙の景色でありました。
わかります、わかります。
確かにそういう景色って撮影が難しいですよね・・・。
デジイチでLレンズ使っても、私のようなヘタレでは撮影できないと思います。
微妙な光の表現って非常に高度な撮影テクニックが要りますから。(汗)

それにしてもR-500のお兄さんは凄いですね。
私はR-500ではビワイチ完走は無理かもです。(大汗)
何せロードバイクに乗り始めのR-500時代には
観心寺手前の上りで足を着きましたからね。(自爆)

Edit | Reply | 
Wed
2016.09.28
23:06

yusuke #-

URL

 だくてんさん

フルコースの場合、
琵琶湖大橋から先、湖西の大津から唐橋方面が、
なんともつまらないコースなのが最大のネックなんです。
その後の、折り返しての湖東はなかなかに良い景色を見られるのですが。

北湖だけでも、余呉湖を追加で廻ったり、
メタセコイア並木を廻ったりすると、
少し距離が伸びて、景色も堪能できますよ~

で、ソロだったなら、
そんなスピードでは私は走れませんです、ヘタレですから(自爆)
3割程度はカミサンに引いてもらってます(^^;
それと、無風に近かったこと、
どちらかというと追い風気味の方が多かったこと、
暑すぎなかったこと、別にモチベーションを上げてくれる人がいたこと。
などですかね?

やはり、R-500で30km/h程度で走り続けられると、
こちらも負けてられない・・・って思います(笑)

Edit | Reply | 
Wed
2016.09.28
23:10

yusuke #-

URL

 Dr.かずちゃん

超ヘタレな私だと、
Lレンズを使うと、コンデジよりもヘタクソになってしまうんです(爆)
宝の持ち腐れだぁ~~~~っ!!

>観心寺手前の上りで足を着きましたからね。(自爆)
ロードバイク乗り始めで、
初めて行った人で、足を着かなかった人・・・
私は知りませんよ(笑)

R-500でも完走はできますけど、
アベレージは5km/h程度は落ちますよね、絶対に。
少なくとも、アワイチは絶対に完走できないと思います(笑)

てえか・・・
完走せにゃ帰れんじゃん(爆)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?