淡路島一周ツーリング 後編

 07, 2016 22:00
今日は、早めに帰宅してランニングの予定でしたけれど、
なんだかんだと21時頃の帰宅となってしまい、走るのはやめました。
まあ、ちょいとした役得で遅くなってしまったので、
ヨシとしましょう♪




で、福良港での楽しみと言えば、



DSCN4779.jpg

そう、生しらす丼であります♪


前回もこの店の外のテーブルで食べました。
但し、前回は、土砂降りで椅子もびしょびしょにしてしまいましたけれど、
お店の方は、気持ち良く食事させてくれました。
だから、恩返しも含めて、今日もここで食事であります。



前回来た時は、生しらす丼を食べずに、海鮮丼を食べたのですが、
生しらす丼を食べていたカミサンのを少しわけてもらったんです。

それがなんと、海鮮丼なんかふっとぶほどの美味さで(^^)/



DSCN4781.jpg

いつものように食べてる途中の写真ですが(爆)


生しらすが美味いのは当然としても、
茹でしらすも絶品であります。

このシラスというやつは、お店でどうのこうのってことでは無理なんです。
鮮度が命のシラスは、
水揚げした漁師さんのスピーディーな処理と温度や時間の加減次第なんですな。
つい最近、テレビで見たんですけどね。

このシラス丼にわさびを追加して、だし醤油で頂くのが最高(^^♪



で、その後、ここで初めて足湯(笑)

DSCN4787.jpg

カミサンもDr.かずちゃんも入りませんでしたけど、
私はゆっくりとつからせてもらいました。



DSCN4783.jpg

そして、福良港を13時に出発しました。


この後の登りが辛いんです。
食後の登りって、確かに、何かがこみ上げてきそうになりますです(^^;




そして、その後、
今回初めて、鳴門大橋まで行くことにしました。
間違いなく、登る距離を延長しますので、今までは避けていたんです。
無理をしたくなくてね。

けれども、今回は、チャレンジしました。
って、行ってみると、チャレンジというほどのことはないのですがね。
しかも、絶景が楽しくて、アワイチ行くなら、
そこかしこの登りほどのしんどさがないのに、
綺麗な景色を味わえます。

絶対に立ち寄っておきたいところでありますね。



DSCN4795.jpg

この写真の後に、いきなり開けるように鳴門大橋を含む高速道路が急に登場しまして、
なかなかの絶景でありまして、それをカメラに収めたかったのでありましたが、
結構な下り坂で、そこで片手運転で撮影する勇気は出ませんでした。
いきなりググッと急ブレーキを右手でかけてしまっても、
間違いなく前転しますからね(;'∀')




DSCN4798.jpg

これは少し下ってきて、減速してからの写真(笑)




DSCN4803.jpg

後ろ手に回して撮影してみましたけれど、
当然、上手く撮れませんですな。




DSCN4811.jpg

これは、道の駅にきてからの写真です。
もっと良いカメラと良い腕があれば、もっともっと綺麗な写真撮れたのでしょうが・・・
日差しが強すぎて、光のコントロールが難しかったし、
先ず、液晶画面が見えなくて、写り具合も確認できませんでした。


ちなみに、この道の駅までは、たいして下っていないので、
帰りも登りもたいしたことありません。

ですから、アワイチされる方は、是非、こちらまで足を延ばして下さいね。
私は、車でのツーリングで某♪氏と来て以来でした。
その当時は、きちんと、足元から見える渦潮も堪能しましたけどね。



DSCN4815.jpg

この左の阿波踊り人形??? が恨めしかったです。





DSCN4817.jpg

見ての通り、
鳴門大橋をバックに良いアングルで写真を撮ろうとすると、
どうしてもこやつらが写り込むんです(泣)




DSCN4824.jpg

こいつらめ!!(笑)




DSCN4825.jpg

この写真くらいは補正しても良いんですけどね。
シルキーピクスだってもってるのに(^^;
けど、面倒なんです(自爆)




DSCN4845.jpg




で、
下ってくる途中の景色に見とれたのは、Dr.かずちゃんも同様だったようで、
戻ってから、自転車を止めて写真を撮ることにしました。




DSCN4858.jpg

この景色・・・・良いでしょ?
こんな景色を自転車から見れるのって格別であります。
まるで天空を走ってるかのような錯覚も少しは味わえます。


これで、写真がもっときれいだったらね・・・汗


で、カミサンとバスのバトルです(嘘爆)






DSCN4864.jpg


そのカミサンは、坂の途中で止まると再スタートできませんから(笑)、
そのままスルーであります。




当然、私たちは、見送ってから撮影タイム。




DSCN4866.jpg





DSCN4869.jpg

また、見に行きたいですね、この景色。
本当に素晴らしいです。





DSCN4871.jpg

それなりに走り続けてからの写真です。
鳴門大橋がそれなりに遠くになってます。

ここから少し登ったら、またまた平坦な海岸線が続きます。




DSCN4877.jpg

左奥の島も車じゃなくて自転車で見るのは格別ですね。
一度、上陸してみたくなります。
って、行かないですけど(笑)





DSCN4884.jpg

この辺りは、私が一番後ろを走ってますけど、
そこで、突然の









バーンッ





という音とともに、タイヤが破裂しました。
完全にタイヤが裂けきってましたので、
何かを踏んづけたと思います。





DSCN4885.jpg

タイヤがペチャンコなのがわかりにくいですけど(^^ゞ


真横に3cmほど完全に裂けてますので、
予備タイヤを持っていなかったら万事休すでしたね。


そうこうしていたら、その近所の海産物の工場からオバチャンが出てきて、
パンクしたん? 大丈夫? って声かけてくれました。

淡路島の方って、ホント、自転車に優しい親切な方たちですね。

もちろん、大丈夫ですよ♪
ありがとう♪ って返事させて頂きました。


こんな気遣いって、本当に嬉しいし心が温かくなりますね。



とにかく、タイヤとチューブを交換して、
再出発であります。

まだ、60km程度は残ってたはずですし。。。





DSCN4889.jpg


この辺りまで来ると、残り40km前後ですかね?
記憶は定かじゃないですけど。

やはり、歳とってくると、その当日にまとめないと記憶がもたないです(自爆)
ここで軽くトイレ休憩。

そこで、調べてみると、1.8km先にファミリーマートであるので、
そこまで移動してから、最後のしっかりとした休憩をとることにしました。








DSCN4891.jpg

写真暗すぎてわかりにくいですが、
駐車場にテーブルとベンチが置かれてあります。

ホント、自転車乗りに優しい街ですね。



とは言え、日没が次第に迫ってきていますので、
20分程度休憩したら、ラストスパートかけます。






DSCN4899.jpg

有名なサンセットビーチを過ぎてから、
脚が攣りそうになっていたので、
5分ほど休憩をとってもらいました。



DSCN4901.jpg

先ほどの写真は凄く暗くなっているような錯覚を覚えますけど、
実際の明るさは、こんな感じでしたね。




そして、そこから、数10km走り続けると、





DSCN4914.jpg

明石海峡大橋が見えてきました。



毎回毎回、ここがゴールのように思えます。
精神的なゴールはここですね。
ここから数kmで岩屋港ですから、
精神的には、ゴールしたも同然であります。





そして、コインパーキングに到着して、
自転車を積み込んで、出発であります。


そして、一抹の不安は的中しました。



そう、阪神高速神戸線の工事通行止によって、
かなりの渋滞が発生してました。


カミサンにスマホで調べてもらって、判断した結果、
行きの逆コースじゃなく、
阪神高速で行けるところまで行って、
少しだけ43号線を走り、大阪西線から堺線に入るルートで行くことにしました。
もちろん、こちらも当然のようにかなり渋滞してましたけれど、
途中から、流れ出すのがわかっていましたから、
結果的には、このルートが正解だったみたいですね。



そして、Dr.かずちゃんを自宅まで送り届け、
帰宅してからは、先ずはシャワーを浴びて、
着かえて、自転車等の荷物を車から降ろしたら、
焼肉屋へ直行。

焼肉屋へ行く前にシャワー浴びなくても良いようなものですけど、
やはり、これだけ走った後は、シャワーは浴びたいですよね。



DSC_10009yakiniku.jpg

結構安めの焼肉屋なのに、夫婦で9千円近くも食べてしまいました。
帰宅が遅くなった次男が合流してたらとんでもない金額になったに違いありません。

ま、とにかく、走りまくった後の焼き肉は格別であります。
とくに、アワイチのような、私には精一杯のコースなら余計にであります。






awaji2016.jpg


走行距離    150.2km
平均時速    25.0km/h
ケイデンス    81
平均心拍    138
獲得標高    1063m

驚くべきことに、停車とか休憩してた時間を除いた走行時間が、
なんと、6時間0分0秒でした。
8時過ぎにパーキングを出発して、17時過ぎに到着しましたから、
約3時間も休憩や停車に費やしたんですかね?
そんなに休んだ気がしないのですが。



けれど、久しぶりのアワイチはハードでしたね。
特に今年は、普段、登っていなかったので、
このコースは半端なくきついであります(;´∀`)



それでも、去年のように土砂降りの中を走るよりは楽でしたかね?(笑)





PS

あまりにもあまりな写真ばかりなので、確認してみました。

そうしましたら、





露出補正が-1.7になってました(泣)





そりゃあ、写真が暗くなるハズだわさ(自爆)



スポンサーサイト

COMMENT 4

Tue
2016.11.08
21:09

Dr.かずちゃん #-

URL

>こいつらめ!!(笑)
ウハハ!
大鳴門橋の全景を撮ろうと思ったらこいつら物凄い邪魔でしたけど、
センターにして撮ったら実はかわいいですね。(爆)

パンクは私が先頭走ってても「バーン」って音聞こえましたから、
ビックリしました。(^_^;)
でもサクッと修理完了されて、流石だなぁって思いましたよ。

帰りの渋滞はお疲れのところにかなりシンドかったかと思います。m(__)m
でもホンマによく道を知られてて、しかも的確な判断もあって、
最短で帰れたと思います。
私は今思い出してもどのルートを通って帰ってきたのかわかりません。(汗)

またよろしければ来年もビワイチ・アワイチに連れて行ってくださいね。m(__)m
できれば「しまなみ」にも行きたいですね♪

Edit | Reply | 
Tue
2016.11.08
23:50

yusuke #-

URL

 Dr.かずちゃん

いや、ほんと、地獄から爆発音でしたよ、あのパンク。
あれがなければ、完全に日没前にパーキングまで帰還できましたのにねm(__)m

まあ、帰りの渋滞も想定内でしたし、
Dr.かずちゃんちゃんが気にするとこやないですよ。
どうせ、夫婦だけでも運転しますから。
って、夫婦だけでビワイチいけるかどうか自信ないんですけど?(笑)

で、来年の初夏くらいには、しまなみにチャレンジしたいですね。
行くなら1泊して、しっかりと飲みたいです(爆)
それならば、ダホン2台にクロスバイク1台という手もありますね♪

Edit | Reply | 
Fri
2016.11.11
19:52

だくてん #-

URL

ビワイチ、アワイチ実に羨ましいです。
アワイチは海を眺めながらの時計回りが基本なんでしょうか?
琵琶湖と違って海を片手に走るって気分いいでしょうね。

Edit | Reply | 
Sat
2016.11.12
20:32

yusuke #-

URL

 だくさんてん

そうなんです。アワイチってビワイチと反対で時計周りに走ります。
そして、海沿いの景色がなかなかに素晴らしくて、
ほとんどの方は、ビワイチよりもアワイチの方が好きみたいです。

私は、ビワイチの方が好きですけどね。
特に海が好きなわけじゃないし、
結構登りますから(自爆)

機会ありましたら、旅館で一泊される日程で旅されて下さい。
お住まい的に日帰りはきついでしょうからね。

淡路島の旅館はほとんどが料理旅館なので、
なかなかに豪華に美味しく頂けます(^^♪

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?