続・時代はアナログなのか!?

 28, 2016 22:49
DSCN4926.jpg

この状態で届きました♪
自分でセッティングしろや!!
という感じで (^^;

先ずは、ターンテーブルを載せてケーブルをセット。
そして、カートリッジを取り付けて、バランス・ウェイトを取り付ける。
次に、バランスウェイトの調整をしてセッティング完了。


DSCN4927.jpg

こんな感じ。




DSCN4930.jpg

このセッティングが面倒ですけど、難しくはないです。




DSCN4933.jpg

このジャケットは、井上陽水の東京ワシントンクラブ。
前のプレーヤーと比較して、かなりな良い音で鳴らしてくれますね。
隣のブルーレイ・レコーダーとの時代差が物凄いですな(笑)

ちなみに、プレーヤーをここに収納しているといちいち外に引きずり出さないと、
レコードの交換や裏返しができません。
プレーヤーの置き場所を考えないといけませんですな・・・


ちなみに、プレーヤーの上にあるAVレシーバーですけど、
7.1chなのに3万円台で買えたという格安物件なのは良いんですが、
音はたいしたことないです 汗

今パソコンで打ち込みながら鳴らしているマランツのCDレシーバーなら、
非常に良い音で鳴らしてくれそうですけどね。
しかも、このマランツには、PHONE端子がついてますから、
このプレーヤーに付属しているフォノ・イコライザーをオフで使えますから、
余計に良い音で聞かせてくれそうであります。

とは言え、LPレコードを聴くのは、先ほどのリビングですから、
そういうわけにもいきませんですが。


まあ、ある程度聞きなれたなら、
プレーヤーのカートリッジをMMからMCに交換してみようかと思っております。
かなり音質が良くなるらしいですからね。



んで、
CD化されていない陽水のこの名盤を聴くのであれば、
やはり、ウイスキーを飲みたいものであります。
久しぶりに、バカラ・グラスに山崎を注いで飲みました。
んまに、美味かですな(^_-)-☆



DSCN4951.jpg

てえか・・・
所謂高級ウイスキーが忽然と姿を消し去ってしまっておりまして、
まことに寂しい状況の自宅バーカウンター(と勝手に呼んでるだけの一角)となりました。

実は、虎の子の竹鶴17年はあとほんの少し残っているのですが、
そちらは寝室に置いてましてね。
バカラが似合うのは、この竹鶴17年と山崎のみとなってしまいました。
山崎の後ろのグレンモーレンジではちょいと役不足ですもんね。


ま、とりあえず、こんな環境になりましたので、
ジョン・コルトレーンやその他ジャズの定番LPレコードを手に入れて
それらを聴きながら、のんびりと飲みたいものであります(^^♪

スポンサーサイト

COMMENT 2

Tue
2016.11.29
20:26

Dr.かずちゃん #-

URL

御自宅でLPレコードを聞きながらバカラグラスでウイスキー・・・
ってなかなか雰囲気があって良いですね。

ウチは嫁が娘の宿題を教えてる時に、
私は肩身が狭くて(汗)
静かに一人でネットサーフィンしながら
ウイスキーを飲むってことが多いので・・・。(^_^;)

Edit | Reply | 
Wed
2016.11.30
21:01

yusuke #-

URL

 Dr.かずちゃん

確かに、CDよりも、DVDよりも、LPの方が雰囲気でます。
そして、なぜだか、ウイスキーが美味いと感じるんです(^^♪


>私は肩身が狭くて(汗)
けれど、娘さんの笑顔を肴に飲めるでしょ?(笑)
ウチは、顔を肴にできるのは何もないので、
音楽なんです(;^_^A

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?