真田丸ツーリング(大阪冬の陣編)

 24, 2016 22:00
世間はイブなんですよね?
私は淋しくカミサンと居酒屋で飲んでましたよ(自爆)

DSCN4983_Ink_LI.jpg


以前から、ずっとずっとやりたかった真田丸ツーリング。
今回は、自転車ツーリングというよりも、
真田丸がメイン。

NHKの歴史秘話ヒストリア2016年1月6日放送分
NHKの歴史秘話ヒストリア2016年12月16日放送分
NHKブラタモリ大坂城真田丸スペシャル2016年11月12日放送分
3つの放送を参考に行ってきました。
先ずは、大阪明星高校そのものが真田丸の一部であるということです。
私、ここの高校の出身ではありませんが、
仕事で何度も敷地内に入ったことがあります。
その時は、まさか、そんなに歴史的意味のある場所だとは知りませんでした(笑)


真田丸1

この地図の一番下の部分ですね。
一番上は、大阪城公園の南端部のみ入ってます。

つまりは、結構離れた出城であったということ。
こちらに徳川軍を引き寄せて戦ったということですね。


先ほどの歴史ヒストリアのHDDに保存している分からデジカメで撮ったのが次。



DSCN4978.jpg

同じくデジカメで撮ったのが、真田丸の想像図をここに載っけた写真。



DSCN4976.jpg



そして、これまたその放送からお借りした? 分ですけど(笑)、

DSCN4980.jpg

まだ発見されて1年程度の古地図から起こした絵図。
つまりは、真田丸の撮影開始後に見つかった絵図ということのようです。



この絵図の右上の赤い部分の寺というのが、
上から、心眼時、興徳寺、大應寺ということのようですね。


そして、下の半円の部分は、高津高校の敷地にかかりそうな感じ。
ということで、



真田丸2-2

ちなみに、高津高校は高津中学とは別棟で、
赤い線の下部左側の色の濃いめの部分が高津高校の北端であります。

だいたいこんな感じですかね。
下の線はあえて、道路よりも下に書いてます。
とというのも、キッチリと穴を掘って検証しておりまして、
その穴の部分よりも、南に当時の堀があったということがわかっております。

但し、冬の陣の後、秀忠によって真田丸は破壊されていますので、
現地での高低差だけでは確定できず、
また、道路を掘るわけにもいかず、
今でも、真田丸は、数m単位での確定には至っていないというのが現状であります。




というところまでが前置きであります(爆)




これらを踏まえて行ってきました。




DSCN4986.jpg

玉造筋の舟橋の交差点。
ここまででたったの9km程度しか走ってません。
てか、こんな内陸部に舟橋という地名が残っているのは、
今でも納得できておりません。

地元大阪の歴史が好きで、色々と本を読みましたが、
この舟橋町に関しては、あまり記述がないのです。
但し、たまたま読んでないだけだとは思うのですがね(^^;


そして、そこから、200m程度かな? 
北に進むと、


DSCN4987.jpg

真田山の交差点。


ここを左折すると、私の嫌いな石畳の坂になります。
この石畳って、ロードバイクでは絶対に走りたくないですよね。
ダホンでもヤですけど、少しはマシかな?


DSCN4988.jpg

先ほどの交差点を左折して西向きで撮影。

わかりにくいですけど、すぐに信号がありまして、
そこを右折すると三光神社へ行きます。


ほんの数年前までは、そこが真田丸とされていた神社であります。
陸軍兵士の墓地があったり広大な敷地の神社であります。


その信号を更に登って進むと、次の信号のところで、
先ほど紹介した3つの寺が右手(北側)に出てきます。


次の写真は逆側から撮ってますから、
3つの寺は左側になりますが。

DSCN4990.jpg

真田丸顕彰碑って表示がありますけど、新しいでしょ?
そう、確定されてまだほんの1年程度だからであります(笑)


矢印の方に進みます。



DSCN4993.jpg

ずっと進んで、
心眼寺を過ぎたところ、明星高校を過ぎたところ、
つまりは真田丸の北端でありますね。
これだけの崖は残ってます。
そう、先ほどから通ってきたこの写真の道は、真田丸の中にある道なんですね。

上の写真は、来た道を振り返って撮ってます。


DSCN4994.jpg

左上の墓地は、心眼寺北側の墓地です。



DSCN4995.jpg

こちらは、その反対の明星高校側の崖です。

ここを通り過ぎて、高校の北端の南向きに見た場所が次の写真。


DSCN4997.jpg

高校の敷地そのものが真田丸の石垣の上にあるんですな(^^♪





DSCN4999.jpg

次の信号が真田山から西に登って、登りきった場所にある餌差町(えさしまち)の交差点。
真田丸は、この交差点よりも少し南までがそうだったと放送されてました。




そして、その信号を左折して、
次の信号をもう一度左折して、
さきほどの心眼寺へ戻りました。


DSCN5003.jpg

こちらが心眼寺。




DSCN5004.jpg



DSCN5005.jpg

鉄扉が真田の六文銭です。





DSCN5007.jpg

これが先ほど外から見た心眼寺内の墓地です。




DSCN5008.jpg


DSCN5011.jpg

心眼寺から明星高校側を。



それを左(南)に進みますと、




DSCN5014.jpg


DSCN5017.jpg

こんな石碑ができてました。


今年の1月に建立されたばかりのピカピカです(笑)





DSCN5018.jpg

心眼寺の南隣の興徳寺。




DSCN5019.jpg

その興徳寺の裏側の駐車場にて。

ここが真田丸の東端ですね。

この右側(東側)は、三光神社の敷地であります。




DSCN5020.jpg

奥には、ずっと陸軍兵士のお墓が整然と並んでおります。





DSCN5023.jpg

その駐車場を南に進むと、左側(東側)が真田山小学校で、
真田丸の東端の道を南に進みました。







DSCN5024.jpg

これは北向きに撮影してますが、
つい先日に放送された歴史秘話ヒストリアで掘り返して、
南端の堀を検証していた駐車場そのものですね。

創価学会さんの駐車場だそうで、
歴史検証にご協力ありがとうございました。
って感じですな(笑)

私、宗教って好きじゃないですけど、
創価学会員の真面目な人の多さは認めますよ。
もちろん、そうじゃない人がいるのも・・・ですけど(笑)




DSCN5027.jpg

こちらは、東を向いて撮った写真ですが、突き当りは、高津高校の敷地。
左がマンションなんですけど、
どうやら、この辺りが、南端なのかな?
って感じですね。

まだ、歴史的に確定されていないのが残念でありますが、
ロマンを感じさせる起伏と高低差がたくさんありますね。




DSCN5030.jpg





そして、元々の? 真田丸と言われていた三光神社。
東側の入り口の写真です。

って、まだ、真田丸の登りは立ったまんまですけど(^^;


ただ、真田ゆかりの地であるのは、確かですけどね。



で、歴史的にとても重要な由緒ある神社なのは確かなので、
ヘルメットを脱がずに中に入ることは憚られました。


というわけで、真田丸を廻ってみました。



正確な意味での真田丸というのは、この一つだけのようでありますが、
真田がこの大阪に作った要塞ということでは、第2の真田丸も、
第3、第4もある・・・という考え方もあるようです。

次回は、それらを巡ったのを更新したいと思います。
大阪夏の陣編であります。


近々更新します(^^;





疲れた・・・・


スポンサーサイト

COMMENT 2

Sun
2016.12.25
22:27

Dr.かずちゃん #-

URL

真田丸はワタシは見ていないのですけど、
思い入れがある土地を巡るのは楽しいですよね♪

高校の敷地の石垣が真田丸そのものって、
なかなか凄いことですよね。

うん十年前に住んでた京都でも、
物凄い歴史的なモノを気づかずに通り過ぎてたと思います。(汗)

Edit | Reply | 
Mon
2016.12.26
23:32

yusuke #-

URL

この大阪でさえ、
どこを掘っても遺跡が出ると言われるほどですから、
京都は、もっと色々と凄いでしょうな……

真田丸の周辺は、
真田丸に限らず、
大阪城の城壁跡だったりの石垣があちこちにありますから、
それらを見ながら、昔の風景を想像するのも楽しいです。

また、地名から、昔の地形を想像させるのも大阪の特徴ですね♪

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?