山崎蒸溜所 part 2

 21, 2017 21:35
朝から雨が降り続いたので、
上がってから空気の綺麗なウチにランニングしました。
たった2kmでしたけれど、物凄くスローペースでしたけれど、
サボり続けた体には、きつかったです(;´∀`)
これが明日に繋がる一歩だと・・・信じ・・・・たいです(笑)


で、山崎蒸溜所ツアーのハナシは昨日で終了です。
今日は、買ってきたブツについて紹介しようかと。


DSCN5360.jpg

この写真のスキットルは、Amazonで買って、
今回のツアーに持参したブツであります。
帰りの特急の中で、ウイスキーを楽しむ為にジョニ黒を注いで。

それが昨日書いた通り飲めませんでした。

で、昨日行きました山崎蒸溜所でもこの手のスキットルは売られてました。
4000円ほどもしてましたかね? 汗

私が持って行った方は、ロシア製で、1300円程度(安っ)

なかなかの精度で作られてて質感も良いと思います。
注ぐ為の漏斗とカップが2個ついてましてね。


で、蒸溜所では、スキットルは買わなかったのですが、
そのカップのケースが売られてたので思わず衝動買い(笑)
Amazonでも、このケースって売られてなかったと思いますしね。



DSCN5361.jpg

このように30ccのカップ3個つきです。
こちらは、中国製でした。
但し、値段は物凄く高いです。
これで、1800円近くしてたんじゃないかな?

ま、今後のこういう電車を利用したワンデイトリップや
輪行に持ってけますから、ヨシとします。


と、書いて、
念の為Amazonで調べてみたら、
恐らく同じモノだろう・・・てのが1500円程度で見つかりました(泣)

但し、ここで買ったものは、
カップにYAMAZAKI~のロゴが印刷されてます♪


てぇか・・・
本当は、カップのケースじゃなくて、
ケース入りのカップというのが正しい認識ですよね?(爆)








そして、次にカミサンが気に入ったみたいで、

DSCN5364.jpg

このショットグラスを数個。

って、ショットグラス多すぎだよー 汗
私は軽くて安いハイボールグラスが欲しかったんですがね。
手触りと重さがバカラとそん色ないのが安かったのでね。
けど、すぐに割れそうだとカミサンに大反対を受け・・・・・


DSCN5365.jpg

既に、ニッカのコースターがあるのですが、
こちらのデザインもなかなか気に入ったので。




DSCN5366.jpg

そしても山崎蒸溜所という名前のこちら限定のウイスキーを買いました。
こちらは300ccで1300円程度でしたかね?
通し番号みたいなのがついてますけど、美味いのですかね?
近々開けてみたいと思いますね。

って、当然、それが山崎蒸溜所というタイトルのpart 3になることはバレバレですな(笑)





DSCN5367.jpg

で、先ほどのスキットルからジョニ黒を注いでみました。
なんとも、色濃く見えます。
12年モノなのに、30年モノに見えないこともなく。

味も物凄く深く濃く豊潤になったような錯覚に(爆)


これを特急の中で楽しみたかったな~
京都駅まで戻って、JRの特急はるかに乗っていれば、
ゆったりと飲むことはできたのですが、
さすがに戻るというのが面倒だし、贅沢すぎますよね。
JRだと特急料金まで取られますしね。




って・・・

子供の頃・・・

テレビドラマとかで、
オヤジがこの手のスキットルからウイスキーを飲んでるシーンとか見た時に、
そこまでして飲まなくても・・・と思ってたものなんですが、
いつの日にか、自分がそうなっているなんて・・・大汗




スポンサーサイト

COMMENT 2

Wed
2017.03.22
22:44

Dr.かずちゃん #-

URL

おぉ!このスキットル、
私も全く同じモノをAmazonで買いましたよ。

旅行で1~2回使っただけですが・・・
って、容量が少なくて旅行中もたないので。(自爆)

最近では旅行にはウイスキーの700ml瓶ごと
持っていくようになりましたわ。(核爆)

>山崎蒸溜所という名前のこちら限定のウイスキー
メッチャ気になります・・・
レポートを楽しみにしてます。

Edit | Reply | 
Thu
2017.03.23
23:35

yusuke #-

URL

 Dr.かずちゃん

アナタも買ってましたか(笑)

確かに容量180mlでは、アナタには役不足でしょうな。
かといって、ボトル1本というのは・・・・(爆)


>山崎蒸溜所という名前
もう、しばらくお待ちくださいまし。
あちこち開いたまんまのお酒が複数ありまして(;^_^A

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?