FC2ブログ

REBECCA LIVE TOUR 2017 in 名古屋 後編

 21, 2017 22:15
DSC00993.jpg

まだライブには3時間もあるというのに、
グッズ販売会場ではこの人だかり。


DSC01002-2.jpg

そうそう、このREBECCAロゴの上にもシャチホコが・・・
大阪と言えば、たこ焼き・・・みたいなノリなんでしょな(笑)




DSC01003-2.jpg

ライブ前でも撮影禁止らしいので、モザイクしておきますm(__)m


実際のステージバックサイド席ってこんな感じで、
ここからだと比較的近くですよね。

確かにライブ中に、
NOKKOやギターの是永さんの姿がドラムの横に消えてしまうというシーンもありましたし、
バスドラムに印刷されてるであろうREBECCAロゴも全く見えませんでしたけど。

やはり、オペラグラス程度は待ってって、
たまにはそれで見るのも良かったかな?
音楽そのものの楽しみは半減するでしょうけれど。




てなわけで、ライブがスタートしました。
もちろん、その最中は一切撮影等してませんので、
何もアップできませんけれど、
内容的には無茶苦茶良かったです。

NOKKOさんのボーカルもびっくりするほど進化してて、
一昨年の再結成の時とは比較にならないほどに仕上がってました。
全盛時に近い声量と声域。

というよりも、今のNOKKOさんだから、
ここまで素晴らしく歌えるんだね・・・という昔のレベルを超えてる部分も感じました。
ホント、素晴らしかったです。





人によって、REBECCAというバンドに求めるのモノは2種類あるように感じてます。

1つは、とにかく、NOKKOのボーカルとそのパフォーマンスに集中する人。
こういう人は、2年前や、昔のラストコンサートのようにコーラス兼ダンサーを配置して欲しいみたい。


もう一つは、REBECCAというバンドそのものを楽しみたい人。
私はこちらです。

とくに、小田原さんのドラムがしっくりくるんです。
私には。
とにかく、彼のドラムは叩き過ぎないんです。
1打1打に貯めと意識の集中が感じられて体にビビッとくるんです。
表現難しいですけど。

以前、誰かの曲を聞いてて、
このドラム・・・いいなぁ~心に響くなぁ~と感じて、
調べてみたら、小田原豊さんだったというのがあったり。

少なくとも、ドラムが合わないグループのライブには絶対に行くことないですからね。


まあ、NOKKOさんは同い年だし、
小田原さんも私より1つだけ年上という
同年代に生きてきたというのも何かあるのかも知れませんがね。

それに、小田原さんは、自転車乗りでもあってね。
何か親近感感じるのも確かではあります。


まあ、そんなこんなで、
今回のREBECCAは私にとってのBEST REBECCAですね(^^♪
NOKKOさんの歌もダンスも大人の歌とダンスだったし、
実力者集団ならではの演奏もバッチリ心と体に響きました。

バンドとしての一体感とかは、今までで最高でしょうね。
一昨年の再結成の時のは、
音楽ショーとしては物凄く良い仕上がりでしたけれど、
今回のは、まさにロック・ライブとして最高でした♪






それにしても、
この名古屋2日目に行って良かったですね。
初日は仕事で行けなかったのも確かですが、
初日は、雷雨だったとNOKKOさんが言ってましたし。

それに、ネット情報では、
Maybe TomorrowでNOKKOさんがためにためて
静けさが続く演出の中、そのNOKKOさんに向かって、




がんばれー




と叫んだオヤジがいたらしく・・・・苦笑




今回のMaybe Tomorrow・・・
鳥肌立つほどに感動したのに、
1人のオヤジに、それを台無しにされたなんて・・・

古典落語で最後に、演者が言う前に、
誰かがオチを言ってしまったような・・・(これ、本当にやるやついるんです・・・)




チケット代、交通費、そして貴重な時間を返してくれ~っ!!
って、こちらが叫びたくなりますよ(^^;

現場では、苦笑の嵐だったようで、
まあ、軽い事故と受け流されたようですが(笑)





ライブはちょうど2時間で終了。


う~ん・・・
もうちょっとやって欲しかったですね。
あと1時間立ち続けても大丈夫なように足は鍛えてますから(笑)

そんくらい今回のライブは最高でした。

ギターの是永さんも良かったし、
ベースのノリさんも良かった。
もちろん、リーダーの土橋さんも最高。

オバヲさんのパーカッションも大好きな小田原さんのドラムの邪魔をしないし。




その後、
会場を出たところで、メンバーの出待ちをしても良かったんですけどね。
まだお腹も減ってなかったし、まだ19時過ぎでしたからね。


ま、でも、いつまでも名残惜しくするのも後で余計に淋しくなるので、
出待ちをせずに会場を後にしました。
帰りの電車の中でスマホでネットを見てみたら、
出待ちの人たちに、メンバーの人たちが握手してくれたりしたようで。
ちょいと失敗したな・・・後悔しましたよ(笑)




そして、
再び、名古屋の街を歩きました。
会場を出たところでは、
人が多すぎてタクシーを拾えるような状態ではなかったですしね。


DSC01008.jpg

こういう広い自転車レーンがあるのは羨ましいですな。
大阪でこんなに広い自転車レーンは皆無ですから。
これが県庁付近の幹線道路にあるのですからね。



その後、
名古屋城の写真撮った歩道橋まで戻ったところで、
タクシーに乗り込む。
駅まで5分程度。

そこから徒歩でこのビルに。



DSC01009.jpg

ここの地下には、矢場とん、山本屋本店その他のお店がありまして、
所謂名古屋めしが食えますからね。


本当は、矢場とんで、味噌カツと普通のとんカツが食べたかったんです。
矢場とんの普通のとんかつが物凄く美味いと長男が言うので。

それと、名古屋に来たら、そりゃぁ味噌カツでしょ!!
てなわけで、夫婦でそれぞれひとつずつを頼んで両方食べたら良いですから。




そう愛知県民になった長男が、
お盆の帰省中に名古屋めしについても教えてくれました。


スパゲティーのチャオは食べたことないけど、
名古屋のスープスパゲティーは、あまり好きじゃないし、
私には合わないだろう・・・って。

けど、少なくともチャオは確かに美味かったですし、
スープスパゲティーというのとも少し違う。
で、確かに、オヤジ向きの味だとも感じた(笑)


で、結局、
疲れ過ぎてて? まだ食欲がそんなに出てなかったので、
結局は、かずちゃんおススメの山本屋本店の味噌煮込みうどんにすることに。
もちろん、昼も夜も麺類にするのには抵抗ありましたけれどね(笑)
って、かずちゃんおススメのとは、少し違うんです。

かずちゃんのおススメは、高島屋の山本屋総本家。
私の目の前にあるのは、山本屋本店。
似ているようで、全く違うのかも知れません。
今から調べる気力もないほど、疲れてました。
たぶん、軽い脱水症状かな?
名古屋では、水分補給がままならないのだ。




DSC01011.jpg

この蓋を取り皿として使うのだそうだ。



DSC01012.jpg

こちらはカミサンの注文したエビ天入り。



味噌が美味いです。
このタマゴのとろとろ加減も最高。


ところが、麺が硬い!!
というか、硬すぎる!!

小麦粉の塊をこれでもか!!
というくらいに圧縮して整形したような感じ。

麺が折れないような錯覚を感じるよ(笑)
讃岐うどんのコシとかいうのとは、全く別物ですな。
長男に言わせれば、コシじゃなくて芯と言ってたけど。


ずっとずっと煮込んでも、たぶん、柔らかくはならない感じ。
柔らかくならずに崩れていくような素材に感じます(;^ω^)

確かに、長男が言うように私には合わないシロモノでした(笑)
長男の言う芯でもないと思いますけどね。
まあ、こういう種類なのでしょうね。


てえか・・・
この汁に讃岐うどんをぶっ込んだら、さぞかし美味いと思うのですが。

もし、名古屋に住むなら、
そういう仕様のも売ってて欲しくなるやろな・・・と思いました。




その後、駅に移動。

DSC01014.jpg

21時半の難波行きを予約してありましたので、
まだ1時間ほど時間ありましたから、
付近を散策して時間を潰し、買い物をして到着した電車に乗る。



DSC01020.jpg



で、当然のように、


DSC01021.jpg

スーパードライ(笑)



もちろん、その後は、


DSC01022.jpg

今回は、山崎を入れていきました。
やっぱり、美味いですなぁ~

美味い美味いと飲んでたら、
あらら電車の中だというのに、
それなりに酔っ払ってきましたよ(自爆)

ここは飲み屋じゃないよって(^^;




DSC01025.jpg

今回は、このタオルとストラップを買いました。
綿だったので、Tシャツは買いませんでした。
もう10年近く綿のTシャツは着てません。
夏場は、暑すぎて・・・ね。

ま、ライブ専用に買っても良いんですけど、
次がいつあるかわからないグループなので(笑)


もちろん、
次があれば、また行きます。
絶対に行きます。
てか、また抽選に当たらないかも・・・寂



スポンサーサイト



COMMENT 4

Mon
2017.08.21
22:59

Dr.かずちゃん #-

URL

味噌煮込みうどん、言葉足らずで申し訳ありませんでした。m(__)m
というか、そばアレルギーの奥様は食べて大丈夫でしたか?

あれは「うどん」と名前がついてますが大阪で食べるうどんとは違って、
そば粉を使ってカチカチに硬くなるように作った全くの別物ですからね。

私はモチモチの讃岐うどんも大好きですが、
あのカチカチの味噌煮込みうどんも別のカテゴリーの食べ物として好きなんです。(笑)
でもあの八丁味噌のスープは美味かったでしょ?
蓋にご飯をのせてスープをかけて卵の黄身をのせたら最高ですよね♪

Edit | Reply | 
Tue
2017.08.22
22:28

yusuke #-

URL

 Dr.かずちゃん

そば粉を使ってると知ってたら行かなかったかも?(笑)
但し、カミサンは、ライブに備えて薬を飲んでたので・・・
クシャミとか出ないように・・・
それで大丈夫だったみたいです(;^ω^)
うどん専門店なので蕎麦の心配はないと勝手に(笑)

>蓋にご飯をのせてスープをかけて卵の黄身
たぶん、気づかなかったと思います、その食べ方。
ご飯食べれるほどならば、とんかつ行ってたと思いますから。

で、会社で何人かに聞いてみたら、
全員が食べたことあるようでした。
で、全員が、あれは食えん・・・って。
但し、三重県出身のやつのみ、
あれはあれで美味いねん・・・って(笑)

とりあえず、慣れが必要やね。
経験積まないと良さはわからないと(笑)

ちなみに、
ドラムの小田原さんって、ゆずのライブツアーでも叩いたりしてますし、
あちこちで参加してますから、
知らないウチに聞かされてそうですわ。

Edit | Reply | 
Sun
2017.08.27
20:53

だくてん #-

URL

山本屋は「これでもかっ」っていうほど芯がある剛麺ですね。
私は好きですが連れて行ってもらえません・・・
次回は一宮の「かに屋」へ是非!

「バンドに求めるもの」こだわってますね。
9月にLIVEに行くんですが、バックバンドのメンバー目当てが6割というところでしょうか。今回はインストがメインなのでギタープレイを堪能してきます。

Edit | Reply | 
Tue
2017.08.29
02:00

yusuke #-

URL

 だくてんさん

かに屋ですか。
見てみましたけど。やはり、みそ煮込みうどんですなぁ。
剛麺じゃないのですかね?
きしめんでも美味いと思うのですが(笑)

てえか・・・
私も、だくてんさんと同じく、元ギタリストであります。
以前のようには弾けない自分にイライラしてます。
おかげで、ギター奏者にこだわらずに、素直に音楽楽しめてるかな?
若い頃の一時期、ギターを弾いたら楽しいだろうな・・・
ってバンドしか聞かなかった頃ありました。
その頃のレベッカ(デビュー当時かな?)、絶対に聞かなかったです(笑)
レベッカのギターも弾いて楽しそうですけどね、今の私なら(^^;

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?