FC2ブログ

DAHON K3 ギア比変更 その2

南アフリカの壁は高かった・・・
全く攻撃らしい攻撃をさせてもらえませんでしたね。
今回の南アフリカってニュージーランドよりも強いかも?




DSC03700.jpg

てなわけで、ギア比変更にチャレンジしました。

ホイールはサクサクっと外れてくれました。
あとは、17mmのスパナ(コンビネーションレンチ)2本で、
これまたサクサクっと・・・・



DSC03706.jpg

外れてくれる予定でしたが、
黒い9Tギアの上(手前)にあるロックナットが外れてくれません。

これが外れないと、
カセットリムーバーを2つ持ってても意味がないんです。
裏側のロックナットは外れましたけれど、
手前側がどうしても外れてくれません。

そうなんです。
裏側が外れずに固定されていても、
手前側が外れてくれたなら、
ギア交換はできるのに・・・


悔しいですが、
私の技量というか工具ではどうしようもなくなってしまいました。

一度、外れなかった後に、
一旦、裏のロックナットも取り付けて、
増し締めしてしまったのが最悪の事態を招いてしまったようです。

その前に、色々とチャレンジしていれば、
外れた可能性は残っていたと思うのですが。



仕方なく、用意していたタイヤだけ交換しました。



DSC03693.jpg

左が交換後のフロントホイール。
右は交換前。

0.15インチ(4mm弱)太くなりました。
これで安定感は増してくれるのでしょうか?
まだ試乗すらしていません(^^;



それにしても、
14インチというのは、
チューブ交換ですら大変です。
空気を入れるプレスタ部を入れるだけで一苦労なんです。


それに、空気を入れるだけでも大変。

レバーを上に上げて固定する空気入れだとレバーが上に上がりません。
どうしても、スポークに干渉してしまうんです。
それだけ小さいホイールだということなんですな。

幸い、ウチのはレバーを横に動かすタイプの口金を取り付けてますし、
室内用の空気入れはパナソニックでレバーを下げた時に固定されますから、
そちらでもなんとか使えます。

また、今回のタイヤは80PSIまで空気圧を上げることができるようになりましたので、
太く重くなったにも関わらず走り出しは軽くなっているかも知れませんですね。
そこは楽しみであります。



とは言え、
14インチというのは、色々と制約が多すぎますな・・・





PS

それにしても、
なんとかギア交換したいですね。

ギア替えるだけで実用度は格段に上がるんですがねぇ・・・


その3があることを祈って、ここらで締めます(笑)









スポンサーサイト



yusuke
Posted byyusuke

Comments 2

There are no comments yet.

Dr.かずちゃん

工具がないとギア交換は無理そうですね・・・

でもyusukeさんのことですから、
どこからでも専用工具を取り寄せて作業完了しそうな気がします。

って、もう某通販で注文済みとか?(笑)

2019/10/22 (Tue) 11:06
yusuke

yusuke

To Dr.かずちゃんさん

それがですね・・・

どうやったら外れるのか? 見当さえついていなくて、
工具で何とかなるものなのか?
ノウハウでなんとかなるのか?
もう、無理なのかも!? という気持ちも・・・

たぶん、リアホイールを新しく追加購入しないと交換できなさそうな気がしてます(^^;
私のミスで完全?固着させてしまっているような気がするのです(自爆)

一度、小径車専門店にでも持ち込んでみるかも!?

2019/10/22 (Tue) 20:17