死刑制度

 04, 2006 18:57
前任の法務大臣が死刑執行のハンコを押さなかった
ということで、あちこちで論議を呼んでいる死刑制度。

昨日の産経新聞の朝刊から、1面トップでこれまた
そんなことが連載されている。

それを読んでて初めて知ったことは、
執行する場所のロープの下の床がバタンと落ちて・・・
という仕掛けなんやけど、その下に5mの落差があるらしいです。
確かに、これだけの落差があれば確実・・・やね(;^_^A

また、3割程度の囚人は、
執行直前に暴れるから、取り押さえて儀式も何もないままに
強制的に執行されることもあるらしい・・・


ま、最近よく言われているのが、
執行官の精神的負担が大きすぎるとか、
先進国で死刑制度があるのは、アメリカと日本だけだ・・・とか、
法律で人を殺して良いのか? とか・・・

そんなもん関係ないで・・・
冤罪という疑いがあるのなら、執行しちゃいけないと思うけど、
明らかに本人のしたことだと疑いの余地がない場合は、
死刑を執行するべきだ。
法務大臣も勇気を振り絞って欲しい。

昔と違って、冤罪という可能性が残っている場合は、
ほとんど死刑判決が出ることないから、
ハンコを押しても誰も恨まないだろうし、
そんなふうに司法制度がしっかりしているから、
死刑制度も成り立つのだ。
○国のように冤罪の可能性があっても、
すぐに死刑になるような国とは違う。

懲役刑ではないから、生きている間は、
懲役囚と違って、健康管理から食事から全て整っている。
ビデオも見れるし、本も読めるらしい。
もちろん、全て税金で全て賄われる。
そんな悪人に税金を使い続けていてオカシクないかい???

アメリカのように懲役300年とかいう判決があって、
二度と社会に戻れないという終身刑制度も悪くないけど、
その間の税金を払うのは私達だ。
なんだか納得いかない。

奈良で女の子を殺したヤツに、"1人だけ"なのに
死刑判決が出た、画期的だ、とか言われてるけど、
当たり前やんけ!!
その子の、今後の何十年という人生を奪っておいて、
これから何十年もその犯人を生かしておく意味なんてわからない。

ま、法務大臣が変わって、
このあたりの処遇も変わるかどうかわからないけれど、
今後に期待したいと思う。

少なくとも、今の死刑囚は
法務大臣が変わった直後に執行されることはないから、
ホッとしているらしいけれど。。。
スポンサーサイト

COMMENT 2

Wed
2006.10.04
20:22

けいちゃん #-

URL

難しいかもしれませんが・・・

ワタシは死刑に賛成ですね。
人を殺した人数でゴチャゴチャ言うてるのんニュースで見たときは、アホちゃうか?と思いました。(^^;)

加害側を保護しようとする姿勢が許せないっす。

目には目を歯には歯をですね。

偏ったコメントですいません・・・m(_ _"m)ペコリ

Edit | Reply | 
Thu
2006.10.05
06:26

yusuke #-

URL

前に"たかじん"のテレビでやってましたけど

死刑廃止を唱えてた弁護士さんの奥さんが
殺されて、それで初めて被害者の気持ちがわかったと。
そして、今は、逆の立場で運動している
という弁護士さんもいるって話でした。

やはり、被害者側の立場で考えんとあきませんよね。。。

>偏ったコメントですいません・・・m(_ _"m)ペコリ
いやいや・・・そんなもん、"このブログの管理者"は、もっと偏ってますよ(自爆)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?