FC2ブログ

おばちゃんチップス

 02, 2007 23:05
おばちゃんチップスという映画(公式サイトも既にトップページだけになってますね。。。)のDVDが昨日からレンタル開始されました。
私は、その前日の夜に既に見ました。

以前、私がエキストラとして出演しかけたという映画がこれです。

んで、映画館もかなり限定されてて、不人気・・・
というか、誰も知らなかった!?映画(爆)・・・なので、
私もDVD化されてから見ようと思ってました。

ま、内容的には、ま、その、アレですわ(;^_^A
東京の人が描く大阪人ってこんなんやろな・・・
って感じの映画でした。
ま、内容はともかく・・・

misonoちゃんが可愛かった(笑)
リンク先にもあるように倖田來未の妹でもある。

彼女は京都出身だけあって、いかにも大阪の若いホステスというのを
上手く表現されてたと思う。
実際、ああいう感じのホステスは凄く多い。
そして、イイ女タイプのホステスよりも、
ああいう明るい感じのホステスの方が人気があるのも確か。

また親と同居していて、ミナミあたりに出勤しているホステスも
結構住んでるけど、彼女の役のような1人暮らしの女性というのは
意外に少ない地域でもあります。


そんな話は置いといて・・・・

舞台は、大阪の生野区の下町だ。
実際には、生野区にはそんな場所ないぞ!!
というような場所もまぜこぜだったり、
突拍子もない場所を通って現場に出たりと、
あの周辺をくまなく知ってる人間にとっては、
ツッコミどころ満載ではあるけれど、
映画作りってそんなもんなんやろね。

ちなみに、世間の人が想像する生野区のイメージとはかなり違う地域
でもあります。
どちらかというと、生野区の中でも、さっぱりした地域とでも言えば
良いのだろうか?
どちらかというと、上品な方が多い地域なので、
いわゆる下町ではあるけれど、
人間は下町っぽくない地域なので、
あの手の"おばちゃん"というのは滅多にいない 汗

後は、大阪経済大学(某氏は確かこの大学の出身だったかと・・・)が
舞台だったりしたけれど、
とりあえず、ストーリーを楽しむというよりも、
そんな感じで見てしまってました(;^_^A

とにかく、私が3年前までの4年間住んだ町そのものがロケ地だったもんで、
普通に見ることなんてできなかった。

何せ出てくる店という店がほとんど知り合いだったりするしね。

misonoちゃんがお参りする神社も、
実際には子宝に恵まれるようお祈りする神社なので、
ストーリーとはちと違うけど、
でっかいチ○ポが奉られてたりするので、
大筋とは違いなかろうか?(;^_^A
犬の散歩コースでもあったので、
そんな場所が映画のロケ地になるなんてのは想像もできなかったほど、
私にとっては、普通の場所でした。

で、ラストシーンが商店街のアーケードの上からカメラをパンして
約270度ほど見せて終了するんだけれど、
上から映してても建物のほとんどがわかるのだ。

そして、あと5度ほどパンしてくれていたら、
以前住んでた家の屋根が映るはずなのに
そこで字幕が出てきて終了。

ちょいと悔しかったね(笑)

ま、ストーリーとしては、
人にお勧めできるようなシロモノではなく、
興行も大失敗だったと思うけれど、
これ読んで気になったなら、見てあげて下さい(爆)

私にとっては、どんな素晴らしい映画よりも、
縁も縁も(えんもゆかりも)ある映画となりました。
スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?