FC2ブログ

偽者の街に人群れ春寒し

 05, 2006 21:21
今朝の産経新聞に出ていた記事のタイトルです。

この句を読んだのは、角川春樹。

約2年前、2年5ヶ月の刑期を終えて、六本木ヒルズを訪ねて、
上記タイトルの句を読んだそうだ。
俳句とかに疎い私でも、この句の意味は伝わってくるし、
2年前に出所したばかりの身でこの句を読んだのは
さすがというものか・・・・

けど、アンタにそれを言う資格あるんかい!!
というツッコミしてやりたい気持ちにもなるけれど、
その記事の続きを読んで・・・
今年になって、ホリエモンから映画製作の件について会いたいと
連絡があったらしい。

新聞の原文のまんま・・・
堀江の生き方は否定するが、もし彼が生まれ変わって出てくるなら、
会ってやりたいと思ってる。
「時代の寵児なんていわれると、あるとき現実がみえなくなる。
私もそうだった。たぶん彼は何もかも失うでしょう。無一文になる。
結構じゃないか。そこから彼の本当の人生が始まる。
そのとき私を訪ねてきたら、親身になって相談にのってあげようと思う」

だって・・・・

まことに、キザじゃないか(笑)

でも、これほどの男が言うと似合うんだね。
妙に心に響いた言葉だった。
今でも、この角川春樹という男は好きにはなれないけど、
この言葉には、成功し、失敗し、
そしてまた成功しつつある男にしか言えない重みが
あることは確かだ。


そんなキザな記事が載っていた朝刊の一面トップは
子供の投資家の話題だった。
高校生が48万円の(含み)損を出したとか、小学生が株投資をして・・・・
なんて記事だった(;^_^A アセアセ・・・

なんだか、唖然としてしまった・・・
そんな時代なのか?
それが正しいことなのか?
小1時間問い詰めたい・・・・汗

まあ、記事としては否定的な内容になっていたのは当然として、
それを許可している親ってどんななんだろね。

マネックス証券の松本大社長が子供相手に株の学校を開いたとかの
記事もあって、知らなかった私はホント驚いた。
まあ、商売ってのは、子供から攻撃していけば大人になっても・・・
というのは、私の前の仕事でも鉄則ではあったけど、
これはちょいと違うやろ?(;^_^A アセアセ・・・

松本大と言えば、凄いやつだし、
彼の本も数冊は読んでます。
てか、現在も1冊読んでるところ・・・汗

もちっと、マネーゲームばかりじゃなくて、
生産的なことを子供に教育した方がエエんでないの?

まあ、そのマネーゲームを少しだけかじってる私がエラそうに
言うのもなんだけどね(自爆)
スポンサーサイト



COMMENT 2

Tue
2006.02.07
21:49

けいちゃん #-

URL

おひさしぶりです。

子供投資家の記事、ワタシも読みました。
お金の価値も分からないうちから初っ端にマネーゲームだなんて・・・と考える事小一時間。。。(^^;)
なんか、これからそのような子供達が増えていくんやろなぁと思ったら世の中恐ろしくなりそうですね。

Edit | Reply | 
Wed
2006.02.08
20:06

yusuke@当直 #-

URL

やはり

何か生産的なこと教えて欲しいすよね~
全員がマネーゲームしだしたら、まるでマルチ商法みたいに
最後は誰もいなくなる・・・みたいな・・・笑

まあ、今の子供達には夢がないというか、
夢を持てないような世の中になってしまったから、
そういうのに走っても仕方の無い面も確かにあるんすけどね~

そんなことしてるんなら、殴り合いの喧嘩してる方が
まだマシだと思うんですがね・・・汗

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?