FC2ブログ

江戸前

私は大阪以外に住んだことのない典型的大阪人ではありますが、
そんな私でも、江戸前の方がいいね!!
と考えてるものがいくつかあります。

一つは、寿司。
こんなのに説明いらんわね(笑)

その次に、蕎麦。
これも説明いらんか?(笑)

そして、鰻。
やはり、一度蒸してある方が美味いよね。
腹からであろうが、背中からであろうが、裂く方向はどちらでもいいけれど。

そして、最後に、落語もそうなんです。私にとってはね。
やはり、落語には"べらんめぇ"の方が、テンポがあって良いと思うのだ。

けれども、テレビでテキトーに見てるのではなくて、
DVDをレンタルしたりして見るのは、桂枝雀(故人ですが)とかの上方落語だったりします。
そうなんです。
最近のマイブームの一つに、桂枝雀の落語というのがあります。
もう亡くなってから10年近くになりますが、彼の落語の面白さというのはやはり抜群で、
彼を越える落語家というのは、やはり、今後とも出てこないだろうと思えるのであります。

桂 枝雀 落語大全という全40巻(1枚に2話ずつ)のDVDがでてます。
私はまだ7本程度しか見てませんけど、古典落語のクセに腹抱えて笑ってしまいます。
そんくらいパワーとリズムに溢れる落語を披露してくれてて、
存命の時代に一度は実際に見ておけば良かったと今更ながらに後悔してたりします(^^;

また、話の舞台のほとんどが大阪市内なので、
地理的にも彼の話が手に取るように伝わってくるのが嬉しいのであります。
てか、知らない地名が出てこないし・・・
基本的に落語は江戸前と思ってますけど、ここらへんに関しては、
江戸前では味わえないところではありますね。

んで、このDVDシリーズには、現役の落語家さん(弟子とかも含む)達の解説とか、
枝雀さんに関する思い出話とかも1話毎にあるのですけれど、
これがまた爆笑してしまうようなエピソードとかに溢れてたりします。

ある意味、枝雀さんの落語って正統派ではないのかも知れないのですけど、
面白さでは間違いなくナンバーワンではあります。

機会がございましたら、皆様も是非ご覧になって下さいまし。


って、江戸前というタイトルにした意味は???
とか言わないで(笑)
スポンサーサイト



yusuke
Posted byyusuke

Comments 0

There are no comments yet.