FC2ブログ

黒部峡谷

 21, 2009 23:34
317.jpg

今回、たった一泊二日の旅で、400枚ほど写真を撮りました(爆)
そのクセ・・・・こういう写真を撮りたかった・・・・と、帰宅してから思うことも多く・・・(自爆)

この黒部峡谷の写真でも、本当に峡谷だなぁ・・・
という写真が撮れてないのです。
ま、ご愛嬌ということで(笑)

先ほどの写真は、宇奈月温泉駅から歩いて行けるところの橋の写真。
右側の橋は、歩行者用です。
そこを奥へ奥へと進めば、トンネルがあったり、
更に積雪時用の歩行者専用トンネルが延々と線路沿いに続いてたりします。
さすがに、そこまで行けませんが・・・・


328.jpg

カミサンが望遠で撮影しました。
今回は、望遠と標準とで2台のカメラを持っていきましたが、
予備のレンズは一切持っていっていないので、チャレンジングな写真は一切ありません。
基本的に、フログラムオートで撮ってます。

329.jpg

ちょいとピンボケ(笑)

これが駅から離れて、先ほどの橋を歩いていった先にあるトンネルです。
ほとんどの人(数百人)が駅周辺でたむろしていて、ここまできてなかったので、
もったいないなぁ・・・と思いながら散策してました。
実際に、10名程度しかいなくて色々と小探検(笑)できました。

350.jpg

トロッコ列車に乗って撮影してますが、
実際には、もっともっと急な崖の横を走り続けてる時間の方がはるかに長いです。

トロッコ列車と言えば、京都嵐山~出ているのにも乗ったことありますが、
こちらの方がケタ違いに迫力あります。

また、こんなのをよく造ったものだなぁ・・・・
と、ひとしきり感心しながらボケーと乗ってました(笑)


353.jpg

基本、峡谷なので、このようにほぼ川沿いなのですがね。。。


359.jpg

これは変電所でしたっけ???
川沿いだからということで、ライン下りを真似てみたんだろうか?(笑)


ちなみに、我が父親は、大昔、トロッコ列車に乗って、終点の駅まで行き・・・・
・・・・基本的にツアーで終点まで行くことはほぼないようです・・・・
更に、そこからバスに乗って奥へ奥へと進んだことがあるとのこと。

今は、全くそのコースは行けないようで、
関電の職員ですらほぼ知らないコースだとのことで、
しばらく、自慢話を聞かされました。

父親は違うけれど、元々関電ファミリーでしたからね、ウチと親戚は。
てなワケで、コネで就職しときゃ今頃は安泰だったんですが・・・
ま、若い頃は夢を追いすぎた結果か? (自爆)

って、話がかなりそれましたが・・・

そんなこんなで、初日は、トロッコ列車に乗っただけで、
そのまんま宇奈月温泉駅に戻って、そこからバスで2時間近く走って、
栂池温泉へと向かったのでありました。

翌日は、立山・黒部アルペンルートなのに、そくもまぁそこまで移動させられたものである。
ま、ツアーを主催した某旅行会社の都合なのだろうが・・・・

とは言え、夏場のスキー場が大好きな私にとっては、
それはそれで非常に好都合ではありましたけれどもね(笑)

続きは、また、そのウチに・・・・
スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?