続・偶然

 21, 2010 23:19
いやはや・・・・偶然というものはこれまた続くようで・・・・

前々回の土曜日、サイクル・モード2010が、インテックス大阪で開かれるというので行ってきた。
幕張メッセでも行われたので、ちょうど自転車のオートメッセみたいなもんと思えば、
ここに出入りしてくれてる人にも理解できると思います。

とは言え、自転車ですから、車ほどの場所は要らないので、
インテックスの会場の1~3までで行われてました。

しかし・・・・それにしても、物凄い数の人だったし、
自転車ってほんとにブームなんだなぁ~と感じさせられる雰囲気でした。


もちろん、会場は南港なので、これまた自転車で行きました。
片道で10kmもないですからね。
今回は、私とカミサンと次男とで。

そして、行く途中で、若いカップルに道を聞かれた。
って、カミサンがね。

それからというもの、その若い美男美女のカップルとは道の左右に別れたりしながらも、
ほぼ同時に到着しました。
若い人のロードバイクによくついてったもんだと我ながら感心(笑)
てか、カミサンがいなかったら、もう少し余裕があったハズなんですがね・・・・

そして、2時間後に帰る途中で後ろから追いついてきたのがその二人だったという"偶然の物語"
なのでありました。ちゃんちゃん(笑)


というか、このサイクルメッセ・・・いや、サイクルモード・・・
自転車に興味ある人間にとってちょいと毒でしたね。
色々と欲しくなる自転車が展示されているのです。
当たり前なんやけど。

それが、70万円とか、100万円とか普通に展示されてたり、
40万円クラスなら、試乗もさせてくれるのもあったりする。
とにかく、カタログを集めまくりました。

って、カタログも平均100円とられますがね 汗
ビアンキだけは500円もとる。
変に薄い手拭いのようなハンカチのようなのがついてたりするけど、
ボッタクリもええとこ。
もちろん、0円のカタログもありましたけど、
多くは100円とられたと思います。

ただし、ヘタな車のカタログよりも高級感のあるカタログも多いので、
ある意味当然なのかもね。

そんな感じで、興味のある自転車、そうじゃない自転車と色々と見て廻りました。

そしたら、その人ごみの中にどこかで見たことのある人を見かけました。


それはなんと、



我が仲人氏!!



既に67歳になられるこの方。
私の実家のある岸和田のちょいと山手の方に住んでます。
そんな田舎から、ワザワザ大阪市内の、
しかも、南港という辺鄙なところに、
しかも、自転車のイベントというマニアなものに、
自転車に興味があるなんてこともつゆほども知らず出くわしました。

私は仕事の途中で実家に立ち寄った時に1年と少し前に偶然にも、
実家に訪ねてきてくれてた仲人氏にお合いしてますけれど、
カミサンに至っては、何年振りだったことか・・・・

次男に至っては、たぶん、初めてだったように思う。 汗


そんな"偶然"がありました。


本当に驚きました。
60歳以上の人もいましたけど、たぶん、100人に1人くらい。
その中の一人が、私達の結婚の時の仲人をしてくれた人だったとは。
そんな人が片道30kmほどの道のりをやってきて、私達と出会うというのは・・・・

本当に、偶然というものは、続くものだと実感しております。


ま、でも・・・・
今の私には、オートメッセよりも、サイクルモードの方が楽しいと感じました。
って、モーターショーはもっと好きですけどね(笑)
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?