閉店

 01, 2011 21:57
いつもいつもお世話になってる喫茶店が昨日(日曜)で閉店をむかえた。
そこのママさんの入れる珈琲はとても美味いので、
真夏でもそこではホットコーヒーを飲む。

ママも、私が座ると、何も言わなくても、ホットコーヒーが出てきて、
そして、シュガーとミルクは出てこない。
かわりに? 居酒屋のつき出しみたいに何かお菓子が出てきたりする。
それがいちいち高級だったり、珍しかったりするのが楽しみだった。

また、コーヒーそのものはサイフォンで手間隙かけて煎れてくれるのであるけれど、
そのクセ、サイフォンにありがちなコクが強すぎたり、
というのもなくて飲みやすいコーヒーなのです。

ま、どちらかというと、私が喫茶店に行くよりも、
私の方が商売上で助けてもらっているのもあったので、
最終日に、カミサン連れて朝から飲みに行ってきた。
片道7km程度離れてますけどね。

そして、用意してた大吟醸を会計して出る時に手渡してきました。
なかなか素敵なママさんなんだけどね。

だから、常連も多いし、最終日には、どんどんお客さんがやってきて
私達が早々に立ち去らないと入れない状態でした。
それだけファンもたくさんいたんですよね。

でも、とても、淋しい気持ちになりました。
一人で訪ねてっても、ママさんとの会話が楽しいから、
時間を忘れるお店なんですけどね。

但し、色気のあるアレではないですよ。
年齢はいくつか知らないですけど、たぶん私よりは10歳ほど???年上ですからね。
更に言うなら、20年前はエエ女だったに違いないけど(笑)



んで、その後、
またまたカミサンと二人で、カミサンの実家に自転車で向かった。
途中でコジマへ立ち寄って、デジカメを買って。

これはカミサンの両親へのプレゼントであります。
このご両親は、ハイキングとかにちょくちょく出かけてます。
だから、少し前に、そういう本を2冊プレゼントしてありました。

で、それをお勧めするんであれば、やはり、デジカメ程度は買ってやらないとね・・・・
って感じで。
パソコンは使えないけど、レグザがあるので、
SDカードを差し込めばテレビで写真が見れるし、
印刷は近所のカメラ屋に行けば良いですもんね。


って、なんで、こんなプレゼントするかというと、
実は、こちらも閉店なんですな。

カミサンの実家は、60年以上続いたクリーニング屋さん。
その60年以上働き続けてきた親父さんがとうとう引退することになったのであります。

だから、本当は、もっと高価なものを贈ってやるべきなんでしょうけど、
ウチは家のローンに長男の学費を抱えてアップアップ状態ですから(自爆)

で、カミサンの兄弟も集まってお祝いしてきました。
さすがに60年って凄いと思います。

だから、私の父親とカミサンの父親って同い年なんですけど、
間違いなく、カミサンの父親の方が元気です。

ま、とにかく、これからは、
ゼイタクはできないだろうけど、時間だけはゼイタクに使えるはず。
あちこちにハイキングや温泉旅行に行って、楽しい写真をたくさん見せて欲しいと思います。
スポンサーサイト

COMMENT 2

Tue
2011.08.02
10:37

a1 #-

URL

タイトル

ジーン・・・
ですな


嫁のおじさんの家も喫茶店でした。
高松駅前の古い喫茶店でした。

最後にはいけませんでしたが、一度おとずれることができ、閉店はもったいない!と思っておりました。

Edit | Reply | 
Wed
2011.08.03
11:23

yusuke@ケータイ #-

URL

その時のコーヒーの味はなかなか忘れてなさそうやね…
私もママさんのコーヒーの味は忘れないように感じてます

で、カミサンの親の方は60年以上というのがあまりに凄くて…

でも、全く同じ日に…というのに凄い縁を感じます

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?