カーネーション

 26, 2011 22:25
って、もちろん!? 朝のNHKの連ドラのこと。
毎日、HDDに録画しては夜に見ています。

コシノアヤコさん(3姉妹のお母さんね)の物語だから、
生まれて初めて朝ドラを見ることにした。

これは岸和田市民として・・・・但し、大阪市民になってからの方が長くなりましたが・・・・
の義務だろうかと(笑)

というか、本当に楽しく見させてもらっております。
物語そのものも面白いですけれど、
岸和田弁が95%は完璧に表現されていてとても嬉しくなってくるのですな(^^♪
ごくごくたまに違和感感じるから95%なんですけどね。

主人公の父親役の小林薫さんがまたエエ感じだし(大好きなんですこの人)。

ちなみに、岸和田弁はほとんどが和歌山弁です。原型は。
もちろん、地理的には和歌山よりも大阪の方が近いですけど、
ものの考え方や文化は確かに和歌山の方が近いですしね。

そんな田舎が私の故郷であります。
このドラマ見ながらはしゃいでいる私の感覚は、
息子達には全くわからないそうであります。

岸和田という"マイナーな町"に生まれ住んで育った人間でないと、
たぶん、この感覚はわからないでしょうね。

ま、とにかく、明日の展開が待ち遠しいです(笑)
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?